レビュー一覧に戻る
神童
2007年4月21日公開

神童

1202007年4月21日公開

cha********

1.0

意味が…

成海璃子の若い頃を観ようと思い、借りてみました。 さて、最後のあたりは、もう完全に意味不明。 行間を読めって事なんですかね… それにしても、読める要素が無いです。 映画でフィクションであるので、別に細かいアラは気にしません。不可能的な事をやっめくれても構いませんし、スゲー人がコンサートをドタキャンしても、まあいいでしょう… ただ、話があまりにも意味不明すぎて、どうにもならないです。 松山ケンイチとの恋、ピアノの天才ぶり、難聴、父親との愛… 軸はなんなんでしょうか… もう、最後のあたりがほんっとに訳がわからないです。 あの代演のあと倒れて意識不明、その後は全部夢の中です… とかいうオチにでも取らない限り、物語が収束しません。 雰囲気映画と呼ばれるものは数多くありますが、やはりストーリーはある程度固めてもらわないと、映画の意味がわからないのです。 これは、なかなか苦痛な映画でした。 成海璃子が可愛いからといって乗り切れるレベルにありませんでした…

閲覧数1,744