ここから本文です

神童 (2006)

監督
萩生田宏治
  • みたいムービー 501
  • みたログ 1,436

3.32 / 評価:457件

原作の年齢と開きがありすぎる

  • hhhhhhharry さん
  • 2017年5月30日 11時26分
  • 閲覧数 1124
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作が大好きで何度も読みました。
うたの子供っぽさ、天真爛漫、傍若無人とも言える振る舞いは、ランドセル背負ってる小5だから許されるのであって、あんなに大人びた女優さんがやってもただの不思議ちゃんになってしまいます。大人っぽすぎて高校生みたいだからクラスメイトの中で浮いてるし、同級会男子と並んでもまるで姉弟。
ワオへの初恋も、小5だから生々しくなくて良いのに、あの2人じゃ普通に恋愛できちゃう。どうせ代演なら思いっきり小学生って感じの女の子におてんばに演じて欲しかったなー。
そしてピアノ。これを言ってしまうと身も蓋もにいんですが、やはり音が聞こえない漫画で音楽を表現するからこそ、道行く人が思わず足を止めるのは果たしてどんな感動的な音なのか、世界的奏者の代演で観客を総立ちさせるのはどんな聴いたこともない演奏なのかと想像できるんですね。実際に音を出してしまうとそれがプロの音でもダメなんですね。頭の中に想像してるのはもっと聴いたこともない素晴らしい音楽だからどうしてもそれを超えないんだなあ。
マツケンは原作の役に合ってました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ