ここから本文です

幸福な食卓 (2006)

監督
小松隆志
  • みたいムービー 433
  • みたログ 1,613

4.15 / 評価:697件

やはり帰るところは家族なんだなと

  • yan***** さん
  • 2019年12月21日 15時52分
  • 閲覧数 480
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

家族で食卓を囲むということは昨今少なくなってきているのかもしれません。家庭によって家族間の会話、コミュニケーションも様々だと思います。ただ、ヨシコが佐和子に言った「家族のかけがえのなさ」。これはいつの世になっても変わらないものだと思いました。この作品では、主題が食卓であるということからも、何度も何度も家族の食卓の場面が出てきます。二人だったり、三人だったり、そして四人だったり、その時々の家族が置かれた状況から雰囲気も会話も全く異なっていきますが、それも含めて家族、やはり帰るところは家族なんだなと再確認させていただいた作品でした。

最後に佐和子が川の土手を主題歌「くるみ」をバックに歩き続けます。色々な映画を観てきましたが、ただただセリフもなく一人で歩き続けるシーンを横顔でずっと映し続けるだけ。こんなシーンが作品の最後という重要な場面で長時間にわたって描かれるという演出には驚きました。そんな佐和子は歩きながら何度も何度も笑顔で後ろを振り返ります。誰かがいるわけでも何かあるわけでもない。でも、何かそこに暖かい存在を感じて。そして、その度に気持ちが穏やかに晴れ渡っていく感がとても伝わってきました。
この日の夕食の家族の食卓の場面が描かれることはありませんでしたが、それは家族にとっては、ある一日の食卓の場面にすぎないから。誰かにとって特別な一日であっても、他の者にとっては普通の一日。家族の食卓は特別なものではないから。それが最後に帰るところだから。

今夜の我が家の食卓が楽しみになりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ