レビュー一覧に戻る
スパイダーマン3
2007年5月1日公開

スパイダーマン3

SPIDER-MAN 3

1392007年5月1日公開

izq********

3.0

ネタバレ少し物悲しいスッキリしないヒーロー物

第三作。前作ラストでピーターの親友ハリーが父親の残したゴブリンの兵器類を発見してたので、親友同士の哀しい戦いになるのかと懸念してたが、最後は協力し合って敵と戦うことになり良かった。二人の仲が引き裂かれたままだと後味悪くなるなぁと思っていたので。ハリーに真実を伝えた執事のファインプレーだ。 あと本作では、宇宙から飛来した黒い怪しい生物にまとわりつかれたピーターが、悪い心を持ったブラック・スパイダーマンになる。といっても、調子乗ってるだけで、そうひどい悪さをするわけではないが。 敵は今回少し複雑で、微粒子分解装置でサンドマンとなってしまったピーターの伯父を殺害した容疑の脱獄犯、そして前半は親友ハリーも敵として戦い、終盤は黒い生物がピーターから乗り換えられたカメラマンのエディがサンドマンと手を組みMJを人質にスパイダーマン&ハリーと戦う。 エディはピーター同様新聞社にスパイダーマンの写真を売り込みに行ってたが、偽記事で正社員に雇われたところをピーターに偽記事と暴露されクビになり、さらに恋人をピーターに奪われ、ピーターにうらみを晴らそうとしたのだった。 最後はエディは黒い生物と共に爆破して死亡。サンドマンは、実はピーターの伯父を殺害したのは相棒で自分ではないことを告げ、ピーターも許し、どこかに去っていく。サンドマンは倒しようがないな、と思ってみてたが、やはり倒されずに終わった。ハリーは戦い中に胸に深傷を負い死亡。ピーターはMJと仲違いもあったが、最後は二人寄り添って終幕。 なんだか本当に悪い奴はいない中で、ハリーやエディは死に、サンドマンも逃亡生活と、なんだか物悲しいスッキリしない話しだった。ハリーもエディも殺さなくても話し落とせそうなのに。 ヒーロー物だが、人間模様に凝り過ぎで第一作から真の悪い奴はおらず、単純なハッピーエンドでは終わらせないスパイダーマンシリーズだった。

閲覧数2,314