レビュー一覧に戻る
スパイダーマン3
2007年5月1日公開

スパイダーマン3

SPIDER-MAN 3

1392007年5月1日公開

ラビットフット

5.0

ネタバレハリーとピーターの関係

※ノーウェイホームのネタバレが少しあります。 1でスパイダーマンを憎み、2で正体を知り、3でピーターに復讐するという、長年積み重ねてきたプロット。ピーターはオズボーン邸で、ハリーをボコボコにして、完全に決別と思われた。 その後ヴェノムとサンドマンが手を組み、スパイダーマンに宣戦布告をし、ピーターは最終決戦に挑みます。 ピーターは最終決戦前に、ハリーに手を貸してくれと申し出ます。「よく言えたもんだ」と思う人もいるかと思いますが、ピーターへの憎しみを募らせた2人を相手に、心がグチャグチャかつMJが人質に取られている状況では、ピーターに勝機は無かった。そんな絶望的な状況で、唯一頼ることができたのが、親友のハリーだった考えています。 決して誤解が晴れた上での共闘ではありませんでしたが、2人が協力してMJを救うシーンは大変熱いシーンでした。 最終的にハリーはピーターを庇って死んでしまいます。朝日に包まれながら、何が3人の関係をここまで複雑にさせてしまったのか、やるせない気持ちで見るシーンでした。 ノーウェイホームで、ピーターはネッドに、ハリーはピーターを襲って死んだ、と嘘をつきますが、あれは後輩にも親友を失う辛い気持ちを感じて欲しくない上での、嘘だったと考えてます。 結局、スパイダーマンは孤独なヒーローということ、大いなる力には大いなる責任が伴うということをやや過剰なくらいに表現した作品であると考えてます。

閲覧数2,638