レビュー一覧に戻る
スパイダーマン3
2007年5月1日公開

スパイダーマン3

SPIDER-MAN 3

1392007年5月1日公開

ron********

4.0

ネタバレ流石に詰め込みすぎ

スパイダーマン映画最新作「ノー・ウェイ・ホーム」を観た勢いで過去のスパイダーマンを見直しているわけですが、今回はサム・ライミ版完結編の「3」です。 公開当時も思ったのですが、元々多くの要素を詰め込む傾向があった本シリーズがいくところまでいった感じの作品ですね。 1から続くピーターと親友ハリーの関係性、ピーターとMJの関係性、ピーターとベンおじさんとメイおばさんの関係性… これらの要素をかなり時間をかけてじっくり描くのと同時に、今回はハリーのゴブリン化、サンドマンの誕生譚、そこにヴェノムまで絡めているため流石に色々と詰め込み過ぎ感が… やはり映画っていうのは要素が多ければ良いってもんでもないです。 詰め込みすぎて逆にそれぞれの要素が薄く、とっ散らかった印象になってしまっていますね。 とは言えやはり1から観ている身としては、ピーターの闇堕ち展開に笑ってしまったり、ラストのハリーの救援に熱くなって涙してしまったりとなんだかんだで楽しくはあります。 あとMJのワガママっぷりが若干癪に触るのは、大人になって見直してもやはり同じでした笑 やっぱり多感な時期に、一番最初に観たスパイダーマンがトビー・マグワイアであった私は彼こそがオリジナル!という感じがしますね。

閲覧数2,950