2006年11月25日公開

パプリカ

902006年11月25日公開
パプリカ
3.8

/ 1,394

30%
36%
23%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(494件)


  • tatsu8

    3.0

    今監督 アニメ

    ウーン評価が分かれるかな、。 1000年女優は好きだけど

  • mador

    5.0

    いい

    人の夢の中は直接観察することが不可能。もしかするとヒトに最後に残される不思議の一つかも。その中に入って自在に操ることができたなら、、というこの映画は、人の無意識という内向きの方向性を持っている。それでいて理屈っぽくなりすぎない。 夢の描写がカラフルで楽しかった。元の小説は表現は違うけどリアルだった。

  • bat********

    3.0

    ネタバレ映像が美しく不思議な世界観を持ったアニメ作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mayumi-daichiii

    4.0

    目がチカチカする

    面白かった 頭の中がバラバラにされる感覚 笑 目がチカチカするけど楽しい

  • drm********

    3.0

    夢現

    夢と現実の境がわからなくなる幻想的な作品。 これは監督の頭を具現化した時点で素晴らしいものだなと。 独特のタッチで不気味さと可愛らしさを併せ持ったタッチ。 観ているうちにどんどんと入り込むと同時に取り残されていく感じも味わえる、なんだかトリップした感覚になっていくさまは客観的に面白かった。 不思議なとても不思議な体験だった。

  • o8o********

    5.0

    凄まじい……!!

    深夜にやってるアニメ映画なんてものは、観るかなー?どうかなー?有名作だし、とりあえず録画だけはしておくか……てなもんで、だいたい録画だけして、最初の10分くらい観たところで、「よし!これは観なくていい映画だな」と確認し、安心することが、私にとってのある意味、観賞法だった。 しかし本作は、最初の10分でもう、ぐいぐい来ちゃって!ww 一気に観ちゃいました。 凄まじいイマジネーションの暴走。名作「ビューティフル・ドリーマー」も、これを観てしまうともはや「古くさい過去作」だね。

  • 買い気配

    4.0

    幼稚で頭悪いほどいやに罵り全否定してるな

    人の感性はそれぞれなので、面白くない理解不能と思う人もいるだろうが、デカ目の巨乳美女とチートヒーローとかしか見たことない奴や、未成熟で発想が幼稚で色んな知識のストックがない奴ほど、口汚くボロクソに叩いて悦にいってるタイプの作品 理解できないのもつまらないと感じるのも別にいいが、クソミソに罵って自分の知能に教養に感性の低さ晒すだけの恥ずかしいレビュー書いてることに気づけよと思う 読んでて、あまりのレベルの低さに痛々しさを感じるし 万人受けする作品ではないが、見る人によっては、単なる映像が綺麗ってだけじゃなく、脳が侵食されるような不思議な感覚で溢れていて、引きこみ方や見せ方が凄いし、異色で独創性が光る作品だし、高評価に繋がるだろう 裸とかパレードとか日本人形とか一部だけ取り出してる奴も、木を見て森を見ずで全体像が見えてないって感じがする

  • しおびしきゅう

    3.0

    大人一枚!

    日本テレビ『映画天国』で鑑賞! 2022年2月1日(火)放送分の録画で! オイラが2022年に観た、45本目の映画! 1回目は、訳分からんかった! 2回目に観ると、まあ大体あらすじがわかって、夢のシーンの映像とかは、楽しめた! が、夢ってもっと、支離滅裂だと思ったなぁ! 登場人物が、何となく自分の知っている誰かだと思うけど、顔が違っていたり、言動が違っていたり、他の人になったり! 見過ごしてしまいそうなほんの小さなきっかけでその後の展開がガラリと変わったり! そういうところも表現されていたのかも知れないが、もっとはっきり見えているようで、はっきり見えていないのが、オイラの夢の実体験だ! そういう意味では、画がハッキリとし過ぎている! そりゃあ映画だから、ハッキリとしている必要があるんだろうけど! それに、説明的になるから、意外と理路整然としている感じがするのだ! 夢は、理屈で説明できるもんじゃない! いや、説明できるんだけど、そんなにハッキリとしていない! それに、オイラが思うに、夢というのは、時系列がないんじゃないかな! 現実には一瞬の時間しか経っていないのに、凄く長い時間を過ごしたという『記憶』ができてしまうことが、夢の正体でもあると思う! そんな夢の世界は、リアルタイムに時間が過ぎていないのだ! そんな夢の中に、意志を持った現実の人間が入るなんてことは不可能だ、なんて思っちゃうと、本作のような映画は成り立たなくなってしまう訳で、でもオイラはそんな考えに囚われてしまって、楽しめなかったことは、現実である! すみません! レビューというより、オイラの夢に対する持論を展開しただけになってしまいました! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • sat********

    4.0

    話題性に納得!日本版不思議の国のアリス

    地上波でやってたので、よく意味不明理解不能で名前が出る作品だったので、遅ればせながら視聴 確かに意味不明、つまらんと切り捨てる人がいるにも理解できる 年齢の低い人、映画や小説他幅広い創作物に触れた経験不足の人、主人公がチートで巨乳ロリ美少女にモテて宝探しみたいな話に慣れてる層だと、まさに意味不だろう もっと年齢上で経験知識ある人や、芸術気質ある人向けじゃないと、「ナンダこりゃ?」となるだろう 現実と夢が錯綜する幻想的な世界観は、ある種の芸術作品のようで美しいし、精神ズレた人が世界を見たらこうなるだろーなーみたいな夢の世界も興味深いし、まるで日本版不思議の国のアリスのよう ただし、夢に世界に入り込むってのは散々使い古されたネタだし、本当に精神病んでる人は、もっとズレまくって、それこそ常人には理解不能な世界を見てるはず この作品は、映画に小説にアニメに心理学など、日本と世界の色んな作品に触れ知識を溜め込んだクリエーターが、あくまで緻密な計算の上、色んな要素を混ぜ込んでできてる感じがする つまり1つ1つの設定が、そこそこの年齢であれこれ見てきた人からすると、大半が「これあの作品のあのシーンに似てる」とどこかで見た感じの、色んな過去作のシーンを上手く集めて再構築した、オマージュの集合体のように見える 勿論単に寄せ集めただけで、独創性ゼロということではなく、その再構築の仕方そのものに、凡人にはなかなかできない監督の才能やセンスが光る感じの作品 最後美女がデブ男とカップリングとかいらねーだろ!と思ったが、そこは所詮男の都合のいい夢ってとこなのかな? それ以外は、なかなか興味深い作品で、見れて良かった

  • NUG

    1.0

    パプリカというより

    パープリンかって感じだ。

  • mat********

    2.0

    入っていけない

    ファンタジーアニメというかSFというか、、なかなか入っていけませんでした 少しジブリっぽいなぁと感じた 多分自分がアニメをそんなに見ないからなのか? ちょっとアニメ独特のファンタジー感、非現実な感じが掴めないまま終わりました。 少し気味悪かったですね

  • kouhei_takeda

    5.0

    脳内に注がれる劇薬のような作品

    コロナの影響で新作が延期されたりと 映画館が閉鎖されたりとエンタテイメントが束縛されるご時世、 過去作品がリバイバル上映されたり、YOUTUBEなどで 以前の作品が見直された昨今において 動画サイトでおススメに登場した ミュージシャン [平沢進] の存在、 以前より映画は知っていたのだが公開当時、 アニメを毛嫌いしていたので今まで見る機会が無かったが 主題歌、音楽を担当していた[平沢進]を知ったことに置いて 彼発信ではあるが ようやく見る機会にたどり着きました 「何でもっと早く見なかったんだ!!」と思うくらい素晴らしい作品 映像、配役、最高じゃないか!! 夢と現実を交互に表現する描写は独特で 映像、音楽、役者と三位一体になりすべてが溶け込んで 得体のしれない個体になったものを見せつけられており 今まで体験したのことの無い不思議な感覚がしました。 飛んじゃう感覚というのでしょうか?(笑) そして何より音楽と役者さんが良い!! 昔、エヴァ放映された頃 綾波レイ、その声に恋をした中学生は何人いたんだろうか? 自分もその中の一人だったが、 あれから20年以上たった 今に至ってまたも同じ声優の声に思いを馳せると思わなかった。 しびれた、、、 主人公の分身であるパプリカが登場するときに流れる 平沢進の音楽が電流が走るくらい映像とリンクして 体中に電流が走るくらい感動を得ます。 癖が多い作品ではありますが 躊躇している方は迷わず見ることをお勧めします。

  • rst********

    5.0

    ネタバレ感嘆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bpp********

    5.0

    これは悪夢

    他者の夢に侵入し侵食して現実と夢の境を無くし人と世界をコントロールしようとする者を阻止するSFスリラー!・・・多分そんな内容だと思うw 描写が最早ホラー映画。しかし只怖がせるだけの演出だけでなく幻想的なまさに夢のような映像で見せてくれる。この創造性とそれを映像にしてしまうこの監督とスタッフに敬意を表したい。 後和歌を謳っているような心地よく時に恐ろしく感じる台詞も素晴らしい。良くこんな言葉を紡ぎだせるなぁと感心する。 邦画でも洋画でもこのレベルのクリエイティブな作品はそうそうお目に掛かれない。まさに名作と言っても過言では無い。 クリエイターを目指している者は必ず見ておくべき作品!

  • ayi********

    4.0

    表現力がすごい

    次々出てくる夢の中の幻想的で不思議な映像はすごいと感じた なかなかああいう表現できる監督はいない ストーリーは少し難解でよくわからない部分もあったけど引き込まれた パプリカが少しエロくて魅力的 映像作品としてとてもレベル高いと思うし監督の世界観もすごいと思うけどじゃあこの映画が純粋に面白いかと言われればそうでもないので星4つ

  • tak********

    3.0

    ネタバレ原作いかずに映画観ました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • vap********

    3.0

    ハリウッドにパ〇られた!

    この作品、ハリウッド映画の「インセプション」に映像表現の何か所かを模倣された、という話は有名のようですね。それだけ”夢”という支離滅裂で儚いものを映像に落とし込むというのはなかなかハードルの高いものなのでしょう。劇中ではそのテクノロジーがストーリーの発端になっていますが・・・  原作が筒井康隆ということで、本格的なSFものとして脳科学や心理学の情報や展望を盛り込んでいるところは面白味を出してくれていると思いました。ただ、大枠ではストーリーは研究所の小さな部署内の人間関係の軋轢で展開しているところが、妙にりアルで、奇天烈な夢の世界との対比を狙っているのでしょうか?それに、キャラの作画がリアル系なのも夢の世界の引き立てに役立っているのかな。  夢の中の表現はどんなか、というのが最も関心があったのですが、基本的に主要人物の一人がが映画に拘りがある、という設定で古今東西の映画のシーンをマッシュアップしつつ、トラウマの記憶なんかを詰め込んでいましたね。この作品の後のアニメにも影響があったんだろうな、というシーンもいくつか見られてエポックメイキングだったのでしょうか。  ただ、敢えて、なのでしょうか、”夢”の作品ゆえに観終わった後に感動とか、胸につかえることとかはなく、何かが残ることがないような印象でした。浅薄という意味ではなく・・・

  • oku********

    4.0

    いつだって先をゆく

    原作筒井康隆。 豪華な声優陣の作る世界観はまるで現実のドラマを観てるような錯覚を起こさせる。実写化も可能だろうが、魅力的な登場人物たちは、リアルにいそうで当てはめたくない。声と映像と音楽と。強烈に残るそれぞれがある。この作品に影響を受けたであろう作品も多々思い浮かぶ楽しさもあり。

  • カリブソング

    5.0

    夢見る世界

    夢の話って好きだなあ。キャラデザインがリアルハードテイストだけに、夢との相性がいい。夢ゆえの歪みの映像も見事にアニメ化して素晴らしい動き!原作を知らないが、筒井康隆らしい不条理テイストを感じられた( ^ω^ )音楽サイコー、パプリカも敦ちゃんもチャーミング( ^ω^ )何度でも観たい!

  • kai********

    3.0

    ピンとこなかった

    私にはあまり響かなかった。 夢の世界の描写が多いのでアニメ向きのストーリーだなとは思う。このストーリーを筒井康隆は小説でどう表現したのか、それに興味が湧いた。 SF作家って凄いなぁ。

1 ページ/25 ページ中