レビュー一覧に戻る
パプリカ
2006年11月25日公開

パプリカ

902006年11月25日公開

kouhei_takeda

5.0

脳内に注がれる劇薬のような作品

コロナの影響で新作が延期されたりと 映画館が閉鎖されたりとエンタテイメントが束縛されるご時世、 過去作品がリバイバル上映されたり、YOUTUBEなどで 以前の作品が見直された昨今において 動画サイトでおススメに登場した ミュージシャン [平沢進] の存在、 以前より映画は知っていたのだが公開当時、 アニメを毛嫌いしていたので今まで見る機会が無かったが 主題歌、音楽を担当していた[平沢進]を知ったことに置いて 彼発信ではあるが ようやく見る機会にたどり着きました 「何でもっと早く見なかったんだ!!」と思うくらい素晴らしい作品 映像、配役、最高じゃないか!! 夢と現実を交互に表現する描写は独特で 映像、音楽、役者と三位一体になりすべてが溶け込んで 得体のしれない個体になったものを見せつけられており 今まで体験したのことの無い不思議な感覚がしました。 飛んじゃう感覚というのでしょうか?(笑) そして何より音楽と役者さんが良い!! 昔、エヴァ放映された頃 綾波レイ、その声に恋をした中学生は何人いたんだろうか? 自分もその中の一人だったが、 あれから20年以上たった 今に至ってまたも同じ声優の声に思いを馳せると思わなかった。 しびれた、、、 主人公の分身であるパプリカが登場するときに流れる 平沢進の音楽が電流が走るくらい映像とリンクして 体中に電流が走るくらい感動を得ます。 癖が多い作品ではありますが 躊躇している方は迷わず見ることをお勧めします。

閲覧数5,292