2006年11月3日公開

手紙

1212006年11月3日公開
手紙
4.1

/ 3,429

46%
32%
15%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1,580件)


  • hik********

    2.0

    重すぎる手紙。

    これはヘビーな映画でした。 殺人犯の家族、というレッテルのせいで人生に苦難が待ち侘びる家族の姿を生々しく描写しています。 その辺りのシリアス描写は良かったですが、ただ、映画として面白かったかというと疑問です。 ラストはかなり都合の良い展開となり、やや尻切れトンボ気味に終わってしまったのが残念。 山田孝之氏の抑えた演技は見事でした。

  • 百式

    4.0

    ネタバレ最後に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dis********

    5.0

    ネタバレ良い映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ささ

    5.0

    素直な映画

    東野圭吾ってことでミステリーを期待しても、どんでん返しも悪い人もなく、素直に感動させてくれました。 逆に、裏切りとか、もっと黒い部分があってもよさそうなテーマかも。

  • kat********

    5.0

    一瞬の出来事が多人数の人生を狂わせる教訓

    兄が殺人者ということで多人数が差別される。現実にこういうことはあると思います。これが一瞬の過ちなのが恐ろしいです。教訓になります。 ケーズデンキもリスクを承知でのコンプラギリギリの差別発言、お見事です。

  • しーろーひー

    5.0

    ネタバレ犯罪抑止に是非!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • かつ丼

    4.0

    ネタバレ泣いた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gan********

    3.0

    今頃ですか、観ました。

    15年は前の映画なようですが、たまたまbsで観ました。両方共に、若いですね、さすがに。新鮮でした。 こんなに素晴らしい、観る意味がある日本映画が、まだまだ探せばあるんだな。と久々に見入りました。 なかなか、事件の加害者の事情なぞ、普段の生活で、触れる事が無いので、よい勉強になりました。よく、孫の代までと言いますが、ホント、そうなんですね。逃れられないんですね。 誰かのレビュー、手切れ金受け取った事に関して、触れてる方がおられましたが、金で苦労してきた環境だったんだ。と映画を汲んで観れてれば、主人公を責める話しではないと思いました。 観る人の育った環境、知識で、レビュー様々なんですね。とにかく、素晴らしい作品、ありがとうございました。 あ、漫才時にスカウトしにきたマネージャーだけ、なんか、時代が合ってない髪型、雰囲気なのが、気になりました。ワザとかな

  • さえばたろう

    4.0

    殺人の加害者家族にスポットを

    当てた作品。加害者の弟は兄のせいで生きることが困難になる。殺人犯の兄は弟を思って金の為に犯行に及んだ。弟は夢を追い、最後には憎い兄の前でライブを行う、というストーリー。東野圭吾の原作を少し変えて映画化。こんなプロット思いつかないよねえ。さすが天下の東野圭吾。ただ文章だけは読みやすい反面、下手くそねw

  • oir********

    2.0

    ネタバレ玉山と山田の相似性のみ成功、後はちぐはぐ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tan********

    5.0

    加害者の家族も、被害者と同じ苦しみ

    被害者の家族が、加害者の家族も、自分たちと同じか、それ以上に苦しんでいるということを知って許すに気になったところ。 この映画の最大の見どころはここだと思っております。 被害者の息子は、冒頭の葬式シーンと、その場面しか出てこない登場人物ですが、それがこの映画の言いたいことを、最も表している重要なシーンだと考えています。 SNSに殺人犯の弟と流したのは、ふられて嫉妬に狂った、沢尻エリカ演じる「由美子」だと思った自分が恥ずかしくなるシーンが、主人公の代わりに手紙を兄に書いてあったことを白状するシーン。 話したこともない相手でも、自分と同じ者を持っている人間と、人は見抜く不思議な力を持っていること。 主題とは関係ありませんが、そんな人間の不思議さまで見せてもらった映画でした。 実は、この映画、友人の勧めでDVDで観たのですが、14年前に観たことを完全に忘れていた映画でした。 感想を書こうとして思い出す始末。 他のサイトの感想投稿を検索して観ていたことを確認したのですが、感想がだぶらないようにすることに注意する必要がありました。

  • あっちゃん

    1.0

    う〜ん。

    泣ける!いい映画!とか言われてるので 観てみたが、終始ふわ〜っとしていて 結局この映画で何を伝えたかったのか がイマイチ分からなかった。 犯罪者の家族は確かに犯罪者ではない。 しかし、物語の中にも出てきたが やはり犯罪者と近しい人物を遠ざけるのは致し方ないことだと思う。いじめとかそういうのはダメだけど…。 で、結局最終的には犯罪者の兄とは縁を切っておしまい。かぁ…。うーん。それでいいの? なのに「兄だから」「血は繋がってるから」…ん?え? ♪ラ〜ラ〜ラ〜ラララ〜 言葉にできない〜 (ここでこの曲!?え??) キャストの演技も別に光るものはなく、 沢尻エリカの関西弁も中途半端で もっとやれたんじゃないかとか もういっそ関西弁じゃない方が よかったんじゃないかと思った。 (沢尻エリカはめちゃくちゃ可愛いけど) そして、被害者の家族はたった6年でああはならないと思う。 理不尽に殺されてたった6年でもういいとはならないよ…。 涙腺は弱い方だが、涙が出るシーンなんてなかった。

  • SN

    4.0

    ネタバレ素直に良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • seiya

    1.0

    良い作品だが…

    作品として決して悪くはないが、被害者が置き去りであることが納得いかない。 加害者やその家族の苦悩は当然理解できるし、それを作品にしようとする気持ちも分からないではないが、何の非も無い被害者やその家族や知人達など多くの人がどん底に突き落とされるのにそこにはスポットが浴びない。 不幸な境遇に生まれ情状酌量の余地があるのかもしれないが、それによって犯罪者は擁護され被害者は何も救われない。 被害者はどんなにどんなに不幸な環境だろうとどんなに必死に頑張ろうとおかまいなしに(被害を軽減してはもらえない)無残に全てを奪われる。 どんな言い訳を並べても結局加害者以上の被害を被っているのは被害者側だということを忘れてはいけない。

  • t

    3.0

    3点

    評価が高いので期待して視聴しましたがいまいち。 まず殺人犯の弟がお笑い芸人という人前で目立つ明るい職業を選んでることの違和感。 この違和感から始まりずっとストーリーが入ってこず。 実際にドキュメンタリーなどで殺人犯の兄弟など顔にモザイクかかった状態などで観たことありますが素性がバレる度に仕事を転々と変えて身を隠すように生きている。というドキュメンタリーでした。 自ら顔を晒すような仕事を選ばないと思います。 まずその時点でストーリーの根本からおかしい違和感です。 山田孝之が不自然なほど沢尻エリカに対してだけ冷たいです。 結婚した後も妻の沢尻エリカと娘に愛情を感じません。 山田孝之の演技がずっと冷たく淡々としています。 中だるみもありストーリーにずっと入り込めず、最後の最後、玉山鉄二だけが素晴らしい泣きの演技を魅せています。 ここの玉山鉄二の涙はガチ泣きで、このシーンだけは良かったですが他のシーンはずっといまいちです。 山田孝之はあまり感動作には向いて無いと思います。 クールでハードな作品向きの俳優かと思います。

  • tet********

    5.0

    号泣しました。差別とは。

    犯罪を犯した者を差別することは、至極真っ当なこと。自分がその悪から距離を置くための一種の自己防衛反応であるとは、正にそうである。 距離を置く、噂される、は仕方のないことで、犯罪者の家族のそれを含めて犯罪者の罪なのだ。 ここで、犯罪者でも人権はあるのでは?犯罪者の家族でも真っ当に生きる権利があるのでは?と問いが生まれるが、 残念ながら自己防衛本能において自己を守る権利の方が強いんだろうな、と思う。正当防衛とも言うべきだろうか。 よく、日本は犯罪者に甘い、と言うのを聞く。 確かにそう思ったりする。殺人、肉親によるレイプ暴行、いじめや青少年の犯罪などなど。どうなんだろう?そんな犯罪者の人権を守るより、被害者の人権を守れよって思ってしまう。 だから、犯罪は、家族や周りをも含めて差別され、人権なんてなくて、不幸にするんだよ、って、 映画のクライマックスにそれが描かれていて、悲しい現実だけれど、とても正しい、良い映画だと思いました。

  • tub********

    4.0

    ネタバレ泣いてしまった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 豆乃助ごまたろう

    4.0

    ネタバレいつも泣いてしまうけれど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • izq********

    5.0

    情操教育にもいいかも

    人殺しの弟として差別を受け続けながら、もがき生きて行く男の話し。ラストでのお笑い芸人として兄が服役する刑務所慰問するシーンは泣ける。罪を犯すと家族がどうなるかを情操教育するのにも良さそう。お薦め。一気に観てしまった。 沢尻エリカが山田孝之の代わりに彼の兄に手紙を送っていたくだりもいいシーン。ただ、山田孝之の味方は最後まで、相方の親友と沢尻エリカだけだったなぁ。

  • oni********

    4.0

    山田孝之と玉山鉄二の演技

    鑑賞後にこちらのレビューの数々を見て、たしかに突っ込みどころは多々あるな…とは思った。 なのですが!山田孝之と玉鉄の演技が良すぎて、設定ミス的なことは全然気にならなかった。 単に、山田孝之と玉山鉄二ファンにはお薦めできる、ということかもしれない。

1 ページ/79 ページ中