レビュー一覧に戻る
手紙
2006年11月3日公開

手紙

1212006年11月3日公開

dis********

5.0

ネタバレ良い映画

何度見ても泣ける。考えさせられる映画。 加害者側の家族は、一生罪を犯した家族として、生きていかなくてはいけない。実際罪を犯したのは兄だ。でも、罪を犯した人間の家族と関わりを人々が避けるのは自然なこと。不公平ではないんだ。当然のことなのだ。と言っていた社長。そこのシーンが印象的。そして、ラストは号泣してしまう。 家族の為に、兄と縁を切ることを決めた直貴。でも、この先ずっと兄であることに変わりはない。兄と弟の気持ちを考えるとものすごく泣ける。 唯一残念なのは、沢尻エリカの関西弁が下手すぎること。あとは最高だ。

閲覧数2,282