幕末機関説 いろはにほへと
3.3

/ 3

33%
33%
0%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • ocy********

    5.0

    激動の幕末の時代

    主人公の「永遠の刺客」秋月耀次郎の画面上の素早く鮮やかな身のこなしと目を見張るような太刀裁きの映像に圧倒され、引き込まれて延々と観続けました。 時代物のアニメなのに映像も新しく、キャラクターも定型的でなく、よく見てみるとなんとかつて様々なタイプのロボットアニメシリーズでさんざん目にしてきたサンライズ製作だった。(ロボットものはいったいどうしたんだ!)(笑) 最近のアニメに珍しく主人公は寡黙にしてめったにしゃべりません。(笑) 日本の歴史の中で江戸時代末期を意味する幕末。 「太平の眠りを覚ます蒸気船たった四杯に夜も眠れず 」 嘉永6年(1853年)の艦隊を率いたペリー来航で開国を要求されるようになるまでの200年に及ぶ鎖国時代を経て、鎌倉時代から長らく天皇を奉り征夷大将軍の任命を受けることによって日本国内の藩を従えた最高統治機関であった幕府が統治権を天皇に返還するこのになる大政奉還、それによる新しい明治時代への移行は日本の歴史の中でも激動の時代と称されるものであるようだ。 幕末の志士、明治の偉人と言われる人々の名前くらいは知っていましたが、この時代のことについては今まであまりよく知りませんでした。幕末から明治の時代に活躍した勝海舟や西郷隆盛、新撰組など歴史上実在の人物や架空のキャラクターが登場するこのアニメによりこの時代がどんなに重要な時代であったのか少しばかりわかるようになった気さえした。 幕府側の勝海舟と尊皇攘夷側の西郷隆盛の話し合いにより200年以上にわたって江戸幕府の歴代将軍が住んで統治してきた江戸城を内乱による一滴の血をながすことなく明け渡したという江戸城の無血明け渡し。 なにかというとお互いの主義主張に走り、すぐに血で血を洗う抗争に発展し、歴史に残る流血沙汰を繰り広げてきた諸外国と比べると日本の昔の人はつくづく偉かったんだと思います。 このアニメは映像もすばらしく、キャラクターも個性的で、どんどん話に引き込まれていくような本当に面白いアニメでしたが、ただ後半になって突如登場する妖怪のようなキャラや終わり方がもう少し丁寧に展開されて作り込んでほしかった気もする。

1 ページ/1 ページ中