ここから本文です

楽日 (2003)

不散/GOODBYE, DRAGON INN

監督
ツァイ・ミンリャン
  • みたいムービー 31
  • みたログ 84

4.15 / 評価:27件

そこに「居た」と錯覚させる80分

この肌触りが感じられないというお方、「ニューシネマパラダイス」で存分に涙をお流し下さいませ  

私自身が10代の頃、学校と自宅を除けば自分の時間のほとんどをそこで過ごしていたふたつの映画館を引き合いに出す気は毛頭ありませんが大阪西梅田の大毎地下劇場と毎日文化ホールです。

「楽日」の中の最終上映作品はキン・フー(胡金銓)の傑作「血闘竜門の宿」だからと言って大毎地下劇場の最終上映作品を挙げる気なんか全然ありませんが「天井桟敷の人々」と「勝手にしやがれ」でした。

この作品中の映画館には幽霊が出ますが昭和の場末の映画館には痴漢と幽霊なんてしょっちゅう出ておりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ