レビュー一覧に戻る
墨攻
2007年2月3日公開

墨攻

A BATTLE OF WITS

1332007年2月3日公開

kak********

3.0

実在した「墨家」を扱った異色戦争映画だが

紀元前370年頃の中国が舞台。時の権力争いから戦争勃発となるのは珍しくないが、本作品に登場する防衛専門集団の「墨家」は異色と言える。 主人公は、実在した「墨家」から一人で助けに参じた戦術家の革離(かくり)。軍師のような役割だが、庶民の立場にあり戦争を回避したり、損害を最小限に止める事に特化している点が目新しい。その革離を演じるのは「インファナル・アフェア」や「LOVERS」での演技が印象的なアンディ・ラウ。 共演は、敵方の武将役で韓国の俳優アン・ソンギ。ヒロイン的な役で「西遊記 リローデッド」に出ていたファン・ビンビン。 本作品は中国・日本・香港・韓国の合作映画である。日本側からは撮影監督として「男たちの大和/YAMATO」の阪本善尚や、音楽担当として川井憲次が関わっているが、原作は森秀樹の漫画「墨攻」なのだから意外とも言える。 「墨家」の存在を知っただけでも見た価値があるが、その孤独且つ無益に思える行動は切ない。またヒロインのほのかな思いも「礼は受け取らない」という戒律で無残にも砕け散る。最後に残ったのはアンディ・ラウの芸域の広さで、少し救われた気がした。

閲覧数846