ウエディング・クラッシャーズ
3.5

/ 151

19%
31%
34%
9%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(57件)

笑える21.5%楽しい20.9%コミカル16.4%かわいい10.7%セクシー8.5%

  • 3.0

    よいこの皆は真似しないでね(※目薬)

    コメディならお任せあれのオーウェン・ウイルソンとヴィンス・ヴォーンのドタバタコメディ!…かと思いきや見ていくにつれ結構一筋なラブストーリー、ラブコメでした。 結婚式荒らし、いわゆるウエディングクラッシャーズ、女の子と出会うため、うまいモンをタダ食いするため、偽名に生い立ちから仕事まで嘘の設定を己に課していざシーズン幕開け! あほですねぇ、チャラいですねぇ、前半のこってこてのパリピ演出はこっちまで久々そーゆー飲みがしたくなっちゃう程の楽しげ感笑 何パターンもの結婚式の撮影は相当大変だったそうです、そりゃそうだ笑 でもヴィンスは簡単なバルーンアートができるようになったとの事で何より。 それからなんのこたぁない、よくあるアメリカのコメディ映画でしょなんて気軽に見てたらその出演陣にビックリさせられます。 ヒロインのパパを演じるはクリストファー・ウォーケン! どす黒い闇の中でドンパチやってるイメージの彼が娘想いの良きパパで登場。 Oh!ギャップ萌え! ヒロインクレアの恋人サック役にはブラッドリー・クーパー。 最初めっちゃ似てる人だなあーと思って見てたんですけど。だって出てるわけないと勝手な固定観念が働いてたんだもん…。 本人じゃん!って気づいたときはびっくり。 しかもこの手の流れには良くある、ラストは可哀想なことになっちゃうやな奴ポジション! うう、可哀想なことになるとわかっていて見ているのは切なかったけれど、想像以上にクソ野郎設定だったから、うん、これはやむをえない、OK。 彼のあんなクソ野郎役は初見だったので新鮮。 さらには、これが一番ビックリしたんですが、冒頭の「これからこんな面白い二人の面白い映画始まっちゃうよ〜」のちょっとした、とても短い!プロローグシーンにレベッカ・デモーネイ姐さんが! 「ゆりかごを揺らす手」で、主人公を追い詰める為にベビーシッターとして近づくイッちゃってる役をやられた彼女です。 えー、なんて贅沢な使い方…素敵。 相変わらずの美貌でございました。 そんなこんなでストーリーも難なく最後まで見られる正統派ラブコメとなっております。 キャスト陣を楽しむもよし、純粋にストーリーに笑うもよし、休日前に飲みながら楽しく見る、な感じの1本です。

  • wuv********

    4.0

    面白い

    最後まで飽きずに 笑えてキュンとして ヒロインに恋してしまいました

  • ミッキー

    2.0

    日本未公開納得

    大好きなクリストファー・ウォーケンが出ていることとオーウェン・ウィルソンの「Mr.ボディガード」 が面白かったので見てみました。 下ネタのオンパレードでそれが面白ければいいがつまらない。 日本人受けする笑いじゃないな… 全体的にがっかりです。確かに荒らしているけどクラッシャーかな? 最後のオチもいつものラブコメの終わり方だし… というかまた結婚式荒らしにいくのかよ、反省しろよ、おまえら!!

  • mas********

    3.0

    日本未公開映画の典型的なパターン

    全米では2億ドル突破の大ヒットラブコメ。オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ボーン、そしてブレイク前のレイチェル・マクアダムスが出ていると言う 豪華キャストでもある。アメリカでは大ヒットしたとしても日本では公開されないのが、アメリカンコメディーの悲しいところですよね・・・。どれだけヒットしたとしても配給会社が買ってくれなきゃ公開しませんしね。。。。 その典型的なパターンの代表作だと思いますね、この作品は。 何せ題名が『ウェディング・クラッシャーズ』。そう、結婚式あらしです(笑)。主人公二人が他人の結婚式に偽名、勿論職業も何もかも嘘で固めて出席をします。目的は結婚式で浮かれている女性をゲットするため!といういかにもトホホなストーリーなんですが、そんなある結婚式にもぐりこんだ際に本気に好きなる女性が現れてしまう・・・・。  2006年の映画なので当時では日本ではオーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ボーン共に知名度がかなり低かったはず。と、言う今も日本では知名度低いですよねー。レイチェル・マクアダムスでさえ日本では知らない人がほとんど・・・。まぁ、知らない俳優陣だから映画館には観にいきませんか・・・。 でも、アメリカでは大ヒットしており、日本でも映画好きからはやっぱり支持が多いんでしょうかね?ブルーレイが今年発売になるようです。。。。 う~ん。どうなんでしょう。。。。  確かに似たような作品が多い昨今。当時としては良かったのかも。 時間つぶしにはもってこいの、観て損はない映画です♪

  • nao********

    4.0

    オーウェンウィルソンの眼が

    面白かったです。 お馬鹿映画。 たくさん笑いました。 にしてもオーウェンウィルソンの眼は何故あんなに引き込まれそうになるのか?独特な演技しますね、元気出したい時にいいです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウエディング・クラッシャーズ

原題
WEDDING CRASHERS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-