ここから本文です

劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY (2006)

監督
阿部記之
  • みたいムービー 36
  • みたログ 264

3.82 / 評価:149件

詰め込みすぎてる感ある作品かな?

  • aoi***** さん
  • 2007年1月7日 19時28分
  • 閲覧数 129
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、初めに「敵キャラの影が薄い」ですね。
直ぐにヤラレてしまいますし(汗)?
敵キャラが、どうしてこの様な行動を起こしたのかの説明等が少ない気がしました・・・。
説明が少なすぎるので(端折ってるのか)『何でそんなにまで復讐(?/壊したい?)したくなったの??』という疑問が・・・と、いうか敵キャラの行動に対する心理状態が伝わって来ない!!

敵キャラ同士の関係性も良く分かりません(ボス意外は、何?ザコキャラ?って位な感じ(苦笑))。
なので・・敵キャラは、いてもいなくっても良さ気な気がする・・。
死神VS一護でも成り立ったような・・・(途中で、死神達が茜雫を捕まえるとか言ってたので。)
敵キャラは、戦闘シーンが必要だったのであえて出すしかなかった感があります。


一護の行動に対する、無責任さも・・・・茜雫を【個人】として見てあげたいんだ!ってのは伝わりましたが・・・。
茜雫は、もともと思念珠で、思念珠は、ブランク達の魂の記憶の集合体。
なら、思念珠である茜雫を、元の正しい状態に戻すのが道理では??とか・・だって、そのままだとブランクがウロウロするし、基の正しい魂の状態に戻れないから転生も出来ないのでは??(あ・・・でも、それじゃお話になんないのかな?)
その一護の行動の無責任さを指摘するキャラが誰も居なかったというのも不思議・・・(汗)
ブリーチって、そういう行動をちゃんと窘めるキャラがいると思うんですがね??

戦闘シーンは、個人的には良かったと思いますが・・これに関しては、ご自分の好みのキャラがちゃんと戦闘シーンに加わっているかどうかなので・・・・(私は、更木隊長最強ならそれで良いので(苦笑))
この戦闘シーンも、時間の関係で全員という訳にはいかなかったのかもしれません。(現世組の戦闘シーンは、一切無しだし)


内容を深く考えず、娯楽映画として観に行くのは良いと思います!!!
そういう意味では後悔は無いかな??
戦闘シーンだけでも、大画面で見るのは楽しいと思いますので・・。
エンディングは、素敵でしたv

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ