ここから本文です

ありがとう (2006)

監督
万田邦敏
  • みたいムービー 56
  • みたログ 208

4.21 / 評価:252件

解説

阪神・淡路大震災で被災し、60歳目前にしてプロゴルファーを目指した実在の人物・古市忠夫氏の活躍を描いた感動作。古市役に『どついたるねん』の赤井英和を迎え、平山讓のノンフィクション小説「還暦ルーキー」を映像化した。古市を内助の功で支える妻に『鏡の女たち』の田中好子、プロテストで古市を支えるキャディに『ALWAYS 三丁目の夕日』の薬師丸ひろ子。総製作費15億円の巨費を投じて創り上げた冒頭40分間に及ぶ震災シーンも必見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1995年1月17日未明、阪神・淡路大震災が発生、神戸市内でカメラ店を営んでいた古市忠夫(赤井英和)は、友も家も財産も失ってしまう。忠夫は町の復興のためにボランティアに奔走するが、ある日、震災を免れた自分のゴルフバッグに出会う。奇跡を感じた忠夫は、60歳を前にゴルフのプロテストへ挑戦することを決意する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ