ここから本文です

愛の流刑地 (2006)

監督
鶴橋康夫
  • みたいムービー 372
  • みたログ 1,485

3.25 / 評価:736件

配役ミスが残念

  • mii******** さん
  • 2012年1月22日 21時55分
  • 閲覧数 4006
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

たった1人の配役ミスで感情移入しにくかった。その1人とは、女検事役の長谷川京子。ひとつひとつの台詞に重みがなく、大事な法廷でのシーンが薄っぺらいものになってしまった。他の脇役がよかっただけに、残念でならない。この映画で、ひとつの配役ミスが命取りになることがわかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ