ここから本文です

MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン- (2005)

監督
山口雄大
山本淳一
  • みたいムービー 53
  • みたログ 76

3.21 / 評価:43件

解説

謎の生命体に寄生され、彼らに人格まで乗っ取られてしまった人間たちが死闘を繰り広げるスプラッター・ムービー。互いに想いを寄せながら、“ネクロボーグ”への変身を余儀なくされ闘う運命の男女の悲劇を描く。内気な主人公を演じるのは、『世界の中心で、愛を叫ぶ』の高橋一生。宿命の相手に『ガールフレンド』の河井青葉。若手演技派2人による、体を張った芝居が見ものだ。過激なラストのバトル・シーンは悲しくも美しい。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

工場で働く孤独なヨウジ(高橋一生)の秘かな楽しみは、向かいの工場で働くサチコ(河井青葉)の姿を盗み見ることだった。ある晩、偶然、ヨウジは自分の上司にからまれていたサチコを助け、彼女は殴られた彼をアパートまで送った。2人が互いの気持ちを告白し、甘いムードになった瞬間、突然何かがサチコに襲いかかる……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ