ここから本文です

アークエンジェル (2005)

ARCHANGEL

監督
ジョン・ジョーンズ
  • みたいムービー 14
  • みたログ 82

3.35 / 評価:26件

見ごたえありました。

  • nekotan1118 さん
  • 2008年3月9日 16時18分
  • 閲覧数 264
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダニエル・クレイグとガブリエル・マクトが目当てでしたが、ストーリーにもすぐ引き込まれ一気に見れました。

どこか物悲しさが漂うストーリーだったと思います。詳しい内容は他のレビュアーさんが述べられていて、
付け加えることはないのですが、事件の真相を見てあるマンガのあるストーリを思い出しました。

それは、「ゴルゴ13」の「百人の毛沢東」というお話。舞台は2000年頃の中国で、話の中で毛沢東と共に
中華人民共和国建国ために戦った老将軍が、毛沢東のクローンを作り現代に蘇らせようとします。あわてた
中国の幹部の一人が、ゴルゴ13にその阻止を依頼するというもの。

もちろん、この作品とはストーリーの成り立ちも結末も違うので同一視しているわけではありませんが、
現代の社会がなにもかもうまくいっているわけではなく、深刻な問題を抱えいているからこそこういう
物語がうまれてくるんだろうなぁ、と思いました。それを解決するのに、過去の偉人をそのまま登場
させようとする。しかし、そううまくいくはずもなく、ではどうしたらよいのか?はすぐには答えがだせない、難しい問題ですよね。


作品の中で一番せつなかったのは、少女のエピソード。あまりにせつなくて、見終わった後は少し落ち込んでしまいました。

冬のロシアの風景やロシア人の役者さん、音楽も作品にぴったりなもので、感情移入しやすかったです。

ダニエル・クレイグのファンの人も、そうでない人も楽しめる見ごたえのあるドラマだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ