レビュー一覧に戻る
エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?
2006年11月18日公開

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?

ENRON: THE SMARTEST GUYS IN THE ROOM

1102006年11月18日公開

pap********

5.0

淡々と大企業崩壊を追う記録映画

ジム・キャリーの『ディック&ジェーン』でオチに使われていた、元全米7位の大企業の恐るべき不正と破綻を淡々と描く。大金を手にする幹部たちの巧みな宣伝、それを信じきっている一般社員、丸め込まれるアナリストたち、不正に操作されて生まれた(とされる)カリフォルニアの電力危機と、それを笑いのネタにするトレーダーたち。どれもが本物の映像と音声で再現される。 経済用語は知らなくてもいい。普通に企業についての一般知識があれば、基本的には話についていけるだろうが、会計操作の部分などわかりにくいかもしれない。未来のまだ手にしていない売り上げを基準に、現在の報酬を決めるなんて、常識では考えられないことをしていたのだから、ある意味当然だろうが。 欲にかられた人たちとその被害者のドラマとして見てください。なお、もっとわかりやすいバージョンが希望の人は、シャノン・エリザベスとかが出ている『歪んだエンロン:虚栄の崩壊』という内幕再現ものテレビドラマ(DVDあり)があるので、探して見てね。ヤフーにはのってないみたいだし、レンタルでも見つかりにくいかもしれないが。

閲覧数146