ここから本文です

フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男 (2006)

FREDDIE MERCURY UNTOLD STORY

監督
ルディ・ドレザル
ハンス・ロサシェル
  • みたいムービー 38
  • みたログ 20

3.70 / 評価:10件

解説

1991年に45歳で亡くなった世界的ロックバンド「クイーン」のメンバー、フレディ・マーキュリーの生涯をつづるドキュメンタリー。家族や友人、恋人、仕事仲間らのインタビューに未発表映像を交え、彼の知られざる真実の姿を描く。監督と製作を務めるのは、彼やバンドと長年にわたり仕事をしてきたルディ・ドレザルとハンス・ロサシェル。没後15年を経て、今なお異彩を放つ彼の才能に圧倒されるとともに、親しかった人々によって語られる最期の日々が涙を誘う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

フレディ・マーキュリーは、1946年にアフリカのザンジバル島で生まれ、ファルーク・バルサラと名づけられた。9歳でインドの全寮制学校に入りそこで音楽と出会うが、1964年に一家は英国に移住。やがてアートスクールに入学した彼は、学校に通いながらロンドンの音楽シーンに出入りしはじめ、後の「クイーン」のメンバーと出会う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ