ここから本文です

ファウンテン 永遠につづく愛 (2006)

THE FOUNTAIN

監督
ダーレン・アロノフスキー
  • みたいムービー 137
  • みたログ 472

2.57 / 評価:136件

なんて不親切な映画なんだ!!

  • ニーナ★ さん
  • 2008年7月6日 19時53分
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

最後までわけのわからん映画に久々に出会っちゃいました。
私の理解力不足と言われてしまえばそれまでなのですが,世の中そんな想像力豊かな人ばかりじゃないし,もう少しわかりやすく作ってくれてもよかったんじゃないかな,とも思う…

この作品は3つの世界に分かれていて,それだけで混乱しそうなのに,「このくらいわかるでしょ?」と言わんばかりに解説らしきものが一切ない。
いや…あったんだろうけど解説すら難しかったぞ…
どうせ映画作るなら,もうちょっと理解しやすく作ってほしかったなぁ。
ストーリー自体はユニークでおもしろそうだっただけに残念でした。

その理解できなかったストーリーを私なりにちょっと紹介すると…
脳腫瘍で命が長くない妻イジー(レイチェル・ワイズ)を助けるべく,医者のトミー(ヒュー・ジャックマン)は日々新薬の研究に没頭する。
これがメインとなる1つ目の世界。
この現在の世界を軸に,イジーが執筆した本「ファウンテン」の中の世界や,産毛みたいなのが生えている謎の大木がそびえ立つ世界に飛ぶ。

メインとなる現在の世界はよかったです。
トミーの妻を想う気持ちや,イジーの余生を夫ともっと一緒に過ごしたいという気持ち☆
こうゆうの!こうゆうの!ストレートに伝わってくるのがいい☆

でも,「生」と「死」の話になったあたりから一種の宗教みたいでなんか冷めちゃいました…
なんとなく,「死」を正当化してないかい!?って気もするし…

こうゆう理解されにくい作品って今のところ全部ハズレ☆
何度も再チャレンジしてみるけどそれでもダメ…
でもこうゆう作品を作る,独りよがり的な監督(偏見…)って売れる・売れない関係なく,自分の趣味と好みを通している感じで意外とスキです(笑)

私には合いませんでしたが,空想とも思えるような映像世界がスキな方や,理解力に自信のある方はチャレンジしてみてください♪♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ