ここから本文です

天国は待ってくれる (2007)

監督
土岐善將
  • みたいムービー 85
  • みたログ 387

3.05 / 評価:151件

おお!とはいかなかったかな・・

  • jja***** さん
  • 2009年8月17日 14時16分
  • 閲覧数 633
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

うーん。キャストと雰囲気は合っているし、軸となるお話も総括すればまあなるほどというひねりだけど、意外な感動というところが少ない。幼馴染の男2人と女1人。複雑に交錯する想い(ま、3人なので複雑と言ってもなんだけど)、家族の思い。その微妙な立ち位置でのそれぞれの複雑な心境については各役者さんが出しているので、そこは良いと思う。また、築地を軸とした地理的環境でお話が進行していて、朝日新聞さんまでご協力ということで、築地市場の内部も含めてそこも出ていると思う。で、たぶんそれがしたかったことだと思うので、それでいいといえばいいのだが、「おお、そう来たか!」という嬉しい意外感がないのが残念。晴れの日に事故って、さらにお祝いの場所で意識が戻るというのは出来すぎだが、それはそれで「どうしよう・・」ということに対し、友達関係としての思いやりを優先して譲りあっているうちに、また去っていく。どちらかというと意識が戻って、そのままで、「それでどうする?三人?」という方がより具体的に複雑な心境ということでよかったのかなぁ。ま、きれいな終わり方って難しいかなぁ。ところで、この三人って小学生から社会人に至るまでの間で、それぞれに彼氏とか彼女とか付き合ったりしたことはないのかなぁ。あった上で再びその三人に落ち着いたのかなぁ。両方に譲られてる立場って微妙で、複雑だよなぁ。みたいな感想です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ