レビュー一覧に戻る
天国は待ってくれる
2007年2月10日公開

天国は待ってくれる

1052007年2月10日公開

アニカ・ナットクラッカー

2.0

「面白くなさ」を追求した映画

一言でいうと「年寄りくさい映画だなあ・・・」と思った。失敗を恐れるあまり、無難に無難に作った結果、本来持っていたうまみが逃げてしまった、そんな感じだ。 朝日新聞社がスポンサーになっており、観るきっかけは新聞の販売所から、無料の鑑賞券が手に入ったからで、本作に大きな期待を抱いていたわけではないが、連れと楽しい時間を過ごせれば、という気持ちだった。 だが、終わった後の第一声は「タダで良かったね・・・」。連れに聞いてみると「途中で出ようかと思っちゃった」。 こんなシケた気持ちで週末を終えたくなく、翌日二人で「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を観に行ったところ、これが大当たり! おいおい、80代の老監督が作った遺作のほうが、はるかに感覚が若々しいって、どういうことよ? 「天国は・・・」を観たのはシネコンのMOVIXだったが、皆さん知っての通り、本編前に短編人形アニメ「ノラビッツ・ミニッツ」が上映される(春の新作だった)。こっちのほうがずっと面白かったぞ。 本作の欠点は、演出・脚本とも平凡すぎるところにある。心に響くセリフがほとんどなく、キーワードの「聖なる三角形」にしても、だから何なの?という感じだ。 交通事故で昏睡状態になった患者(清木場俊介)をめぐる話だから、静かな描写が多いのは仕方ない。 でも、難病や死をテーマにしても「明日の記憶」や「タイヨウのうた」のように、作り手の情熱が画面に表れる映画がある。本作にはそんな「気持ち」が感じられない。 ロケ地が朝日新聞社の目と鼻の先にある築地だから、制作費が安く上がったんだろうな。主役の井ノ原快彦、ジャニーズなのに華がないなあ。こんな感想しか浮かんでこない。 魚市場の描写が多いが、映画が実際の市場の活気に負けてしまってはイカンのだ。 監督がどんなキャリアの持ち主かは知らないが、自分が世に問いたいものが何なのか、悩みぬいてから出直して来いと言いたい。 私の評価では、10点満点の3点。終始憂い顔の岡本綾に、妙な色気を感じたので1点。彼女は「竹内結子の影」と言われてきたが、いい脚本・的確な演技指導があれば大ブレイクする女優だと思う。 武志(清木場)の妹役・戸田恵梨香が矢田亜紀子と市川由衣を合わせたような美少女だったので1点。魚市場で働く彼女を主役にした映画、というのを観てみたい気もする。 残りの1点は、築地市場や勝鬨橋、隅田川の風景が綺麗に撮れていたことと、タダで観たお情けをひっくるめた点数だ。 5点満点にすると・・・。大甘で★2つといったところだ。

閲覧数448