ここから本文です

マイ・シネマトグラファー (2004)

TELL THEM WHO YOU ARE

監督
マーク・S・ウェクスラー
  • みたいムービー 24
  • みたログ 27

3.57 / 評価:14件

『アメリカン・グラフィティ』と撮った男。

  • cinematographer1985 さん
  • 2008年5月14日 20時38分
  • 閲覧数 250
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカの映画史の残る名撮影監督ハスケル・ウェスクラー。
頑固な男。
決してブレのない思考。

そんな男の真実を捕らえたドキュメンタリー作品。
『照明熊谷学校』のアメリカ版というか…

正直、方向が定まっていなかったように感じられた。
相当な映画通でないと楽しめないであろう。


技術部のトップに立つ撮影監督。
映像全体の総責任者。
だからこそエンドロールには
最初に名を連ねる権利を持つ。
その男の裏側を見れただけでも素敵な作品だ。

日本でいえば、木村大作さんかな?
このような作品が増えてもいい気がするが…

進めずらい作品ではあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ