ここから本文です

気球クラブ、その後 (2006)

監督
園子温
  • みたいムービー 48
  • みたログ 384

2.78 / 評価:120件

解説

『自殺サークル』『紀子の食卓』などセンセーショナルな作風で知られる鬼才、園子温監督が放つ青春ドラマ。荒井由実の名曲「翳りゆく部屋」をモチーフに、大学時代のサークルのメンバーの死をきっかけに、再会した仲間たちがそれぞれの青春を見つめ直す姿を描く。『HAZARD』に続き園作品は2作目となる深水元基を主演に、グラビア出身の川村ゆきえ、永作博美らが共演。これまでの先鋭的なイメージを覆す園監督の新境地が堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

二郎(深水元基)が所属する“気球クラブ・うわの空”というサークルには、さまざまな想いを抱いた若者たちが集まっていた。5年後、ガールフレンドのみどり(川村ゆきえ)と微妙な関係を続けている二郎のもとに、リーダー村上(長谷川朝晴)の悲報が入る。これをきっかけに、バラバラになっていた仲間たちが再び集まる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ