2007年7月28日公開

レミーのおいしいレストラン

RATATOUILLE

1202007年7月28日公開
レミーのおいしいレストラン
4.0

/ 1,878

37%
38%
19%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(908件)


  • hik********

    3.0

    名店のシェフは……ネズミ!?

    楽しませてくれました。面白かったです。 今回はネズミが主人公ということもあり、躍動感のある動き、スピード感など抜群でした。 ストーリーも、色々とつっこみ所はあるものの、ある程度広い目で見れば気にならず。 クライマックスの盛り上がりも楽しかった。

  • lin********

    5.0

    前情報でわかるのに

    ネズミがどうこうっていう文句書いてるやつはなんなの?笑 ホラー映画見て怖かったんだけど!ってキレてるようなもんでしょ笑 暖かくて楽しい映画で大好きです。あまりこの言葉は好きではないがこういう映画だと最初からわかりそうなんだか、最初から見なかったらよろし 低評価間に受けないでね。素敵な映画ですよ。私は元気をもらいました

  • lov********

    1.0

    ネズミはなしでしょ

    評価が二極化してますが 自分もこれは無理 レストランの厨房を題材にした映画で何故ネズミなのか さすがにこれは無理がある

  • hick

    4.0

    バード監督が描く「先入観への挑戦」

    【ディズニー作品っぽさ】 「なりたい自分、本当の自分」という描き方はピクサー作品でありながら、めちゃくちゃディズニー寄りの作品。立場を越えた違う者への憧れもディズニー王道のテーマだった。その中でもピクサーらしい「攻め」もラストのイーゴの言葉に乗せていた。 【イーゴの評論による総括】 彼の批評の中にあった『これは私の「先入観への挑戦」でもある』という言葉。これはイーゴや登場人物たちだけでは無く、私たちにとってもメタ的であり、様々なメタファーとしても色々想像できる気もする。また「誰でも名シェフ」に対するイーゴの最後の解釈もメッセージとして心に残った。『誰もが偉大な才能を持っているわけでは無いが、どこからでも偉大な才能は誕生する』。一種の"ファンタジー"を否定した上で、それでも、あながち間違ってはいないという肯定の仕方はピクサーらしい。 【レミー】 キレイなねずみ(笑)。街のねずみでも可愛い方向へ持っていけるデザイン力はすごい。彼がクライマックスで厨房にたち"料理長"となって指揮している姿はちょっと感動的だった。今作のメッセージ性を考えるとレミーの立場は、昔まで否定の多かった"お寿司を握る外国人"の極論。才能はどこからでも誕生するし、先入観に邪魔されてはいけない。…やっぱりそれをネズミで表すと極論すぎるが(笑)。 【バード色】 バード監督の特色が随所に見られた。監督のちょっとトゲのあるコメディーや皮肉を効かせたキャラクター設定はとても魅力的。また、料理長のスキナーは身長設定や歩き方が「Mr.インクレディブル」のエドナーそのもので、監督の趣向にクスッとさせられた。劇中の、味の視覚的表現も面白かった。 【総括】 王道ディズニー作品のようでもありながら、バード監督のチクっとさす世界観が魅力的だった。当時、ラタトゥーユという料理を初めて知った作品。海外ディズニーパークのこのアトラクション、乗ってみたいなぁ。

  • しままる

    5.0

    ディズニーで一番好きな映画

    プリンセスも可愛いシーンも全く出てこないけど、何故かこの作品がディズニー映画で一番好きです。 ねずみが大群になって出てくるシーンには、さすがにぎょっとしてしまうけれど、ねずみが料理を作る、しかもとびきり美味しい料理を。 こんな非現実な状況にファンタジーを感じ、とっても夢のある作品だなぁと。 展開のテンポも良く、レミーやリングイニを応援したくなる。 あぁ〜、レストランで美味しい料理が食べたくなっちゃう!!

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレピーター・オトゥール最後の代表作。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • b3c

    5.0

    ブラッド・バードは構成が秀逸

    インクレディブルは勿論、アイアンジャイアントを作ったブラッド・バードの作品。 派手さはないが、終始安定した内容。 結末に、胸にジーンとくる所なんかもブラッド・バードらしい。 とても良質な作品です。

  • yok********

    5.0

    こんなに可愛いネズミは見た事ないです

    ストーリーも映像も、とても良かったです。 ネズミの動きや表情がてとも可愛い。 オチも良くできていました。

  • ke2********

    1.0

    気持ち悪い・・・

    ネズミがご飯を作っちゃいかんだろ・・・ 嫌悪感がありました。 内容は面白いけど、結局は後味の悪さが残る作品です。 厨房のドアを開けてミッキーマウスがお料理を作っていても 平気かもしれません。大きいし。人間っぽいし。 でも、厨房全面に小さなネズミがゴキブリのように ワンサカいたらあなたなら気持ち悪くて 厨房から逃げ出しませんか? 不衛生なレストランこの上なし!

  • drm********

    4.0

    素直に良い話

    やはりピクサーは素晴らしい作品を多く世に出しているものだと再認識。 序盤はイマイチ入り込めず、あまり楽しめなかったが後半の怒涛の巻き返しはすごかった。 そしてラストの批評家の言葉。 あれは料理だけではなく、全ての批評家やコメンテーターに言えること。 その点、若干皮肉めいているところも素晴らしい。 ラストはこうなるのだろうな、とわかっていても素直に感動できるのは演出するにあたって、監督が観客の期待値を裏切らないことだと再認識。 カメラワークの凄さ、キャラクターの振り分け方も勉強になる。 人間がイマイチ成長していないのが気にはなったが。

  • o********

    5.0

    誰でもシェフ

    何事も「挑戦すること」はだれにでもできる。 そこから極めることができるかどうかはまた別の話。 やればできる。ということを教えてくれるストーリー。 こどもと一緒に観たい作品。 パリの雰囲気も料理のシーンも最高。

  • mov

    3.0

    ねずみ…

    それなりに楽しかったけどさすがにレストランでねずみはないだろと。

  • walbatross

    3.0

    ネタバレネズミってのが、ちょっと

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wen********

    5.0

    ネタバレ評価が2極化してしまう。。。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • r10********

    5.0

    人種差別問題にも繋がる内容

    当時、劇場で見てDVDを購入して見て、改めて見ても良い作品。 でも、最近の状況と鑑みると人種差別問題ともリンクしてるなあと思った。 この作品に抵抗ある人はネズミが料理なんて、、、人が多いと思う。 でも、それは先入観からくるもの。それって人種差別の根幹にあるものと一緒。 この作品の評価で、その人の評価が分かる凄い作品だと思います。

  • rev********

    5.0

    小粋なフランス物語

    現実にはあり得ないネズミのシェフの物語。 かわいくて小っちゃなネズミだけど、美味しい料理を 作るという奇想天外な発想はさすがディズニー! 夢と希望と冒険にあふれてる。 世界中の子供たちに夢を与え続けているディズニーの メッセージがしっかり伝わってきました。 素晴らしい映画に拍手!

  • hok********

    4.0

    ネタバレシェフネズミの奮闘

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    2.0

    操り人形化はいただけない

    かなりリアル寄りのネズミに最初から構えて見てしまう 集合体恐怖症というわけでもない自分でも、集団でもぞもぞするネズミの映像には耐え難いものがあった さらに最悪なのはリングイニ 吹替えの声はねっちょりとして滑舌が悪く感情が入っていない 性格も無気力で好感度が低い ネズミと組むようになってからは、目隠しをして完全に操り人形化(比喩でなく) せめて操られて作った料理は自分でも作れるようになっていって欲しかった 一切の成長がないのになぜか幸運がやってくるのも、もはや不快感すら覚える ラストも綺麗にまとめているようで実際は何も解決していない 厨房のネズミのせいで店が一軒つぶれたのに、新しい店でもまた同じリスクを背負っている あえてあのデザインのネズミと根本解決のないラストは、問題提起を読み取らせることが目的であれば成功していると思う だがリングイニの存在がそれを素直に受け取ることを邪魔している 目的も意欲も成長もない主人公は応援できない 他に好きになれる登場人物が一人もおらず、とても残念だった 唯一良かったのは料理描写 彩豊かな料理の数々は盛り付けも素晴らしく、存分に目を楽しませてくれた

  • 雉間

    4.0

    良いと思う

    【参考】 ★★★★★…すごく面白い。 数年後にもう一度見たくなる。オチ、ストーリーがわかっていても見たくなるレベル。 ★★★★☆…面白い。 良い時間を過ごしたなと思える。友達におすすめできるレベル。 ★★★☆☆…普通。 悪くはない。が、2度目はない。一度見れば満足。それでも映画として十分お金が払えるレベル。 ★★☆☆☆…つまらない。 劇場に行って後悔する。無料なら見る。が、レベル的にはながら作業で見るレベル。 ★☆☆☆☆…すごくつまらない。 時間の無駄。無料でも見ない。お金をもらってやっと見てあげるレベル。

  • のり巻き

    4.0

    吹き替えが下手くそ

    主人公の吹き替えが下手くそだった。 それ以外は良かった。

1 ページ/46 ページ中