ここから本文です

ピクニックの準備 (2006)

監督
長澤雅彦
渡邊孝好
井坂聡
鶴田法男
下山天
宮野雅之
  • みたいムービー 30
  • みたログ 153

3.58 / 評価:45件

煌く時間の中に確かな足跡を

  • yad***** さん
  • 2009年2月14日 15時46分
  • 閲覧数 533
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

『夜のピクニック』で描かれた歩行祭の前日に、
登場人物たちがどう過ごしていたかを描いた
9つのショート・ムービーズです。
正確には8つの前日談と、杏奈編のプロローグ。
(あの葉書を投函するシーンがあるので前日たりえない)

出来に関しては玉石混合ですが、どのエピソードも
夜ピクのファンにはたまらない内容だと思いますよ。


その1 「おまじない」 杏奈編
その2 「告白」 さくら編
その3 「序奏」 高見編
その4 「願い事」 千秋編
その5 「シナリオの行方」 梨香&忍編
その6 「おかいもの」 亮子編
その7 「むりっぽい」 貴子編
その8 「ひみつ」 美和子編
その9 「はてのない」 融編


【その1】 杏奈(加藤ローサ)がNYであの葉書を書きながらのモノローグ。
淡い夕暮れ色が心地良い、オープニングを飾るに相応しい、画でした。
街を一人で歩いています・・・でも、貴子と美和子と一緒に歩いているかのように、
楽しげでした。

【その2】 最後に書きます。

【その3】 高見(柄本佑)と藤巻(嶋田久作)が進路相談している話。
これ、意外と様になっている嶋田久作に吃驚です(笑)
そしてクレジットがかなり面白い♪
このエピソードを知ってると、本編はより楽しめます。


【その4】 千秋(松田まどか)・・・誰だっけ?(苦笑)
と言うのも、本編との差が激しいです・・・
こんな可愛い子居たっけ?でした(笑)

好きな男子へ渡す手作りの水色のお守りを、完成させる為に神社へお参りする話です。
髪の長さが微妙に違うね・・・多分。ちょっと長い。あるいは単純に髪型か?
服装もキュートだし、本編では地味~な印象だったので、すぐには一致しませんでした。
オープニングの長回しシーンで、確かにお守りを渡している女の子がいました。
あの子がまさか千秋だったとわ・・・

僕はこれ、謎だったのですよ・・・途中でお互い手を振ってたり、ラストで二人は手を繋いでゴールしていて、何時の間に?って・・・

ただ、このパートはあまり好きくない・・・
意表を突いた神主・・・狙いがあざといと感じてしまって・・・


【その5】 梨香(貫地谷しほり)&戸田忍(郭智博)の話
これは確かに笑ったけど、正直あまり・・・なパートです(苦笑)

【その6】 亮子(高部あい)これも同上。。。
早々に救護バス送りになったあの野球部の矢部君とのエピソードです(笑)


【その7】 きました!これは出色です。
貴子(多部未華子)が買い物の帰り道で色々と妄想している話。
いったい、どういう状況に陥ったら、西脇と会話を交わせるかなぁ・・・と。
これ、カメラが良いのよ♪
長い坂道で自転車を押しながら、ブツブツと心中でぼやいている貴子。
カメラは目聡く彼女の妄想を見つけ、ドレ、ちょっと覗き見してやろう♪的なカメラ(笑)
で、彼女のあまりにクダラナイ妄想に呆れて、“アホくさっ”と途中で投げ出した感じ(笑)
覗かれていたとも知らず、相変わらずクダラナイ妄想を続けながら坂道を登っていく・・・
その姿を、呆然と立ち止まって見送るカメラ(笑)
本編では、あの鋭い眼光の彼女は存在感たっぷりでしたが、この油断している彼女は、
ゆる~くコミカル。
って言うか、貴子ちゃんさぁ・・・
そんな状況になっても無視するようなヤツなら、もうしゃべれなくても良いじゃん!(笑)


【その8】 美和子(西原亜希)の秘密。。。
彼女は戸田を好きなんだと思ってました。彼の靴紐がほどけている事に気付いたから。
ちょっと意外な秘密でした。。。


【その9】 流石、貴子と似たもの同士・・・四六時中ずっと貴子の事を思っている話。
このパートでの貴子は、【7】の油断している彼女ではなく、本編と同じ鋭い眼光です。
西脇(石田卓也)目線では、やっぱり彼女への印象はそんな感じなんでしょうな(笑)


最後に、【その2】 実行委員のカワイイ女の子サクラ(近野成美)の話。
実はこれ、本編を観た時一番気になっていました。
何故、こんなカワイイ子があのモッサイ感じの実行委員リーダーへ心を寄せ、
熱い視線を送るのか?って(苦笑)
ありがとう。この作品の中で、一番素敵な話を用意してくれてました。

演劇タッチの作風で、それはイマイチだったけど、あの手紙には感動しました。
なるほどそういう理由か・・・まぁ、“外見が総てじゃない”ってのは常套句だけど、
これは素直に納得しました。
ただね、人の手紙を勝手に読んじゃ駄目っしょ?(苦笑)
都合良くそんな場所に紛れ込んでいるのも変だし(苦笑)
これらのツッコミを差し引いても、このパートは素晴らしいです。

ところで、手紙の送り主は本編で登場してたのかな?もう一度観たくなったよ(笑)

※レビュータイトルは主題曲の歌詞。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ