ここから本文です

長州ファイブ (2006)

監督
五十嵐匠
  • みたいムービー 189
  • みたログ 446

3.57 / 評価:200件

解説

幕末期に命がけでロンドンに渡った長州藩の志士たちのチャレンジを描いた歴史ロマン。サムライの身分を捨て、自身を精密機械のように鍛練し、“生きたる機械”となって日本を変えるために奔走した男たちの青春を壮大なスケールで見せる。後に“日本工学の父”と呼ばれる山尾を『46億年の恋』の松田龍平が熱演。人間描写が得意な『アダン』の五十嵐匠監督は情熱の赴くままに生きた男たちの姿をスクリーンいっぱいに映し出す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1863年、山尾庸三(松田龍平)、井上勝(山下徹大)、伊藤博文(三浦アキフミ)、井上肇(北村有起哉)、遠藤謹助(前田倫良)は幕府の禁を犯して英国へと旅立つ。ロンドンに到着した彼らは、その繁栄ぶりに息をのむ。5人はロンドン大学で造幣、造船、鉄道などの高い技術を日本に持ち帰るために死に物狂いで勉学に励んだ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ