ここから本文です

パンズ・ラビリンス (2006)

EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

監督
ギレルモ・デル・トロ
  • みたいムービー 1,255
  • みたログ 5,117

3.84 / 評価:2460件

嘆息・・・

  • ぱいん☆ さん
  • 2007年10月10日 22時42分
  • 閲覧数 2094
  • 役立ち度 65
    • 総合評価
    • ★★★★★

恐ろしく、悲しく、希望の中に絶望がある物語です。逆はよくあるけど、この物語は、本当に悲しいですね・・・。

この世に希望がなければ、別の世に求めるしかないのでしょうか。それでも新たな命は、この世に希望を胸に抱いて生まれてきます。

「この世は悲しみしかないのよ。それでも生まれてくるのね?」

主人公の少女の試練は終わり、平和で悲しみのない永遠の世界へ旅立ちました。そして、彼女が守った小さな命は、美しい母も優しい姉もいない、醜く過酷な世界で、仲間と希望を持ちながら生きていきます。人間の試練。それは生きていくことなのかもしれません。

死を選ばず、過酷な現実と闘った少女だからこそ、最期の笑みは安らかでした。彼女が残した、絶望の中の希望が白い花となって、ラスト、我々の前に現れます。あぁ、まるで散り行く花・・・。あぁ、私たちは、希望の中に絶望ではなく、絶望の中に希望を抱くしかないのです。そして、嘆息して、強く前に進むしかないのです。

とてもいい映画を見せてもらいました。現世の悪夢か、幻の悪夢か、それとも、それに打ち勝ち、決別し、そうすれば桃源郷に旅立てるのか。
美しい映像、音楽。寓話の中にも骨太なストーリー性があり、エリセやアルモドヴァルとはまた違った、スペイン映画界ニューウェーブの力で魅せてくれます。お見事!素晴らしい!虫、流血、拷問がある程度大丈夫な人には是非オススメします!(私は、虫以外のシーンは目をつむって済ませました。)
今年、必見の映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ