ここから本文です

パンズ・ラビリンス (2006)

EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

監督
ギレルモ・デル・トロ
  • みたいムービー 1,166
  • みたログ 4,865

3.84 / 評価:2,325件

ラストは観た人それぞれの

  • tif***** さん
  • 2019年6月22日 17時48分
  • 閲覧数 2013
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

他の方が書いてます様に、口当たりのよいファンタジーではありません。戦時下、少女、独裁的な義父、今にも亡くなりそうな大好きなお母さん。最初から胸がぎゅっぎゅします。
トーンは暗いです。
そこに(見た目ドキドキなビジュアルの)妖精やら何やら。個人的には最初「あっ、見た目はあれだけどいい番人なんだな!よかったなー!」と思ったパンがオフェリアを敬ったり突然ぶちギレたり、コロコロ変わるところがツボでした。
内容については考証というか、あまり難しく考えなかったです。戦時下物質も乏しく周りに友達もいない孤独な少女が迷宮に入った後、小さな体であんな思いをしないといけないラストは非常に悲しかったですが、これは戦時下故だ、と強く感じられました。
やはり色合い、デザイン共素晴らしく絵画の様でした。
ペイルマンのところは3回リピートして観ました!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ