ここから本文です

パンズ・ラビリンス (2006)

EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

監督
ギレルモ・デル・トロ
  • みたいムービー 1,255
  • みたログ 5,118

3.84 / 評価:2461件

リアルとファンタジー、重いけど余韻が残る

  • stillbestray さん
  • 2020年10月26日 22時40分
  • 閲覧数 289
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

リアルとファンタジー。
リアルの内戦も重いけど、ファンタジー部分も、
どうなるか分からない不安で、重い。

人間としては絶望的な終わり方でも魂は救われたものと思いたい、
そんな作品で、高評価するのはためらわれるけれど、
観て損はなかったと思えるし、じわじわ来そうなので五つ星。

マンドラゴラが母親の生死を左右したことで、
ファンタジー部分はオフェリアのただの空想ではなかった、
と解釈できます。

人が絶望から再生するには、時にこういう物語も必要です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ