ここから本文です

Dear Friends ディア フレンズ (2007)

監督
両沢和幸
  • みたいムービー 478
  • みたログ 954

3.42 / 評価:414件

テーマ曲のすごさを再確認

  • ミリ さん
  • 2009年5月4日 23時24分
  • 閲覧数 461
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

北川景子&本仮屋ユイカ。
最近注目しております。

しかし、この作品なんだか手を出さずにいました。
だってジャケットの北川景子さんがこちらを睨みつけているんですもの…。
ひ~、眼力ありすぎてこわい~。鑑賞パス。

が、最近見たい映画が無く、GWのまっただ中、人ごみの多い映画館に新作を見に行く気にもなれず(映画館はちょっと寂れてる感じが好き)、レンタルしてまいりました。


<ストーリー>
美人でスタイルも抜群なリナ(北川景子)にとって友達は利用するだけの相手。
その価値観が、自身の闘病生活の中で支えてくれた友達マキ(本仮屋ユイカ)との交流を通し変わっていく。そんなお話。

ストーリーは単純で特にひねりはないんだけど主役二人の演技が素晴らしいので力技で持っていかれる感じです。
北川景子さんは、この作品や「ヒートアイランド」で見せたような不良っぽい感じも似合うし、「ハンサムスーツ」のような純粋キャラもできる幅広さが素晴らしいですね。
たまにAyuに見えてしまいますが…。

本仮屋ユイカさんは「スウィングガールズ」以来気になっています。
地味な顔立ちだと思っていましたが、最近ますますきれいになっていますね。
そして陽気な性格は見ているだけで楽しくなります。

僕も友人を病気で亡くしたこともあるし、今も身近に闘っている人がいます。
その経験から考えるとマキのように友達を励まし続けられるってすごいことだと思います。
そのくらい闘病中の人と接するのって気を使うし、ついつい避けたくなっちゃうもの…。
だからお見舞いに行き続けるだけでもすごいと思う。

困難に負けずに生きる希望になるのは、この作品中でも描かれているように

「必要とされている実感」

だと思いました。


そしてなんといってもテーマ曲で使われている「今日の日はさようなら」
この曲の素晴らしさを再確認しました。
この曲が流れてくるたび涙ぐんでしまいました。

病気の扱いについては疑問を感じる部分もありますが、この作品は「闘病」というより、「友情」をテーマにすえていると思いますので、その心積もりで見たほうが良いかと思われます。

「友情ってなんだろ?」
そんなことをふと考えてしまうアナタにおすすめ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ