2006年11月18日公開

一億の猫

602006年11月18日公開
一億の猫
2.8

/ 4

0%
50%
0%
25%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

著名な作家であった父が亡くなり、蘭(純名りさ)、百合(宮本真希)、桃(吉井怜)の三姉妹が集まる。遺言状には、遺産は愛猫の世話をする者に託すと記されており、多額の借金を抱え父の遺産をあてにしていた長女の蘭は猛反発。それぞれの事情と思惑が絡み合う中、姉妹と弟子の二間瀬(山中聡)の相続バトルの行方は……。(『一億の猫』より)

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(3件)

楽しい23.1%不思議15.4%コミカル15.4%知的15.4%悲しい7.7%

  • skm********

    4.0

    微妙だな~(笑)

    この題名に心奪われてレンタルしちゃったよ・・・。 天野ひろゆき監督??うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ 心配じゃ・・・やっちまったかな。 一抹の不安抱えながら鑑賞開始。 ふんふん、役者の方々はそつなく巧い演技してます。 純名りささん、全編にわたって怒ってます・・・苛立っている役柄を頑張って演じてます。 宮本真希さん、マイペースな役柄どうりでいいですね。 吉井怜さん、かわいいですな・・・。 山中聡さん、今回はおとなしい役柄でしたね・・・やっぱり野生的なほうが合ってると思う。 このほかにも、ちょっとだけですが高橋克典さんが出てくるし、哀川翔さんも出てきます。 やっぱりこの人たちは存在感凄い!! 脚本は・・・悪くはないです。 ラストのひねりはもうひとつ・・・ですけどね。 やっぱり、監督の力量不足かなーってところです。 ずいぶん役者さんに助けられていますね。 天野さん、どれだけ映画の勉強されたのか不明ですが、映画が好きなだけではどうかと思います。 ネコちゃんはかわいいのでよかったのですが、クロネコじゃないほうがよかったのにね。 予算なかったとは思いますけど。 ☆かぁ・・・。 映画としては2個 役者さんに1個 ネコちゃんに1個 合計4個・・・これでも甘い採点^^;

  • rub********

    4.0

    子役バンザイ!

    設定はよくある「小説家の父の遺産をめぐる姉妹の争い」ですが、 平日の深夜にDVDで見たら結構楽しめました。 これを日曜の昼に見たりすると つまらないかも知れません。 設定も時間も、舞台向きの脚本なので、 それをただドラマ仕立ての映像にしただけです。 評価が難しいです。 子役の男の子がまた演技が下手で、 せりふを言うたびに爆笑させられます。 他の一般的な子役は演技ができるのに ちょっとは見習おうよ!とツッコミたくなります。 クソガキの役なんですが 徐々にかわいらしくなってきました。 女優さんはどこかで見たことがあるけど 名前が浮かばない…と思いつつ見てました。 猫アレルギーの役の女優さんの演技にも 若干イライラしました。 くしゃみの演技って加減が難しいですね。 しつこすぎると…。 猫は黒すぎてよく見えませんでした。 文豪の愛猫といえば三毛でしょう。 ストーリー上、黒になったのでしょうけど。 やっぱり文豪の猫は三毛です!

  • pan********

    2.0

    …ちょっとなぁ

    もうちょっとひねってほしかった。 全体的に薄っぺらい感じがした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
一億の猫

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル