ここから本文です

人間消失 トリビュレーション・フォース (2002)

LEFT BEHIND II: TRIBULATION FORCE

監督
ビル・コーコラン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 12

2.00 / 評価:4件

歴史的な背景が左右

  • hir***** さん
  • 2008年4月23日 16時56分
  • 閲覧数 463
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品は一般の日本人には理解しがたいと思います。

聖書の預言をベースに扱ったものなので、なにか宗教的に強い印象を受けるのは仕方ないかなと思います。また、キリスト教の特にプロテスタントの人たちが多い米国ならではの作品です。

私も、仕事で60回近く、30年間米国に行き、またハリウッドにも友達ができ、その中を知ることができ、やっと理解できるかああ、、と思える作品ですが、よくここまでストレートに作ったもんだと思います。

しかし、映画の世界がそう言った民族から生まれてきたことも、また日本はそれを超えることが出来ていないことも、その歴史的、民族的、文化的、宗教的背景を知っておかないと、映画のおもしろさが減ってしまうことも体験しました。

さもないと、殆どの映画、時に私のすきなSFなどもそう言ったメッセージが入っていることに気が付かないままに過ぎてしまって、「なあるほど!」が少なくなってしまいます。

「天地創造」や「十戒」「ベン・ハー」「パッション」なども、この映画にまして、宗教的なメッセージが津用意映画ですね。またそのアンチテーゼ的な「2001年宇宙の旅」が全米で騒動を巻き起こした事も、日本では知られていません。

私もキリスト教という宗教団体は好きではありませんが、聖書は好きなので読んでいます。なんで宗教団体になったのか???ですが、、その宗教団体が力を持っているので、、、こまったもんです。

この作品は未来に出現するとされている「反キリスト」、「艱難時代」の到来を映像化したものですが、このイメージは「マトリックス」シリーズの中にも色濃くでていますし、その他「コンスタンチン」など、、、そういった、背景を知る、、学習的映画として見ても、面白いかも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ