レビュー一覧に戻る
ホリデイ
2007年3月24日公開

ホリデイ

THE HOLIDAY

1352007年3月24日公開

mkf********

5.0

君は君の人生の主演女優だ!

ロンドンの新聞記者で仕事はできるが控えめで心優しいアイリス、元恋人に裏切られても今も恋したままで都合の良い女になって苦しんでる。 そんなアイリスにロスで迷子になった所を助けられたご近所の脚の悪い90歳のアカデミー脚本家アーサー( イーライ・ウォラック実際90歳頃)は彼女の悩みを聞いて、 「それはクソ野郎だ!君を手放すような男はバカに決まってるよ。」 「映画には主演女優とその親友が登場する。君は主演女優だ!・・なのに親友役を演じている。」 アイリス「そうね、自分の人生なら自分が主役のはずね。アーサー、3年もセラピストに通ったのにこんな説明してくれなかった。感激よ!目が覚めたわ!」と アーサーの言葉によって、強くなる事が出来たアイリス。好きなシーンです。 アーサーと友人達、そしてブラック・ジャック演じる(こちらも新人女優に振り回されてる)映画音楽作曲家マイルズとのシャレた愉しい語らいのシーンも大好き!温かくて心に残ります。 ラストのイギリスでグラハム(素敵な笑顔のジュード・ロウ)・アイリス(美しいケイト・ウィンスレット)兄妹と恋人になったアマンダ(カッコいいキャメロン・ディアス)、マイルズ(愉快なジャック・ブラック)、そしてグラハムの娘ちゃん2人でパーティー ダンスシーン、正に嬉しいハッピーエンドそのものでした。人にも景色にも癒やされる作品ですね。

閲覧数2,132