ここから本文です

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (2007)

HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX

監督
デヴィッド・イェーツ
  • みたいムービー 1,108
  • みたログ 7,757

3.57 / 評価:2318件

いよいよついていけなくなった

  • iBoat_studio さん
  • 2020年8月19日 10時51分
  • 閲覧数 718
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

いつものどんでん返しはない結末だったが、それでもよくわからないところが多い。wikiであらすじを確認してみると、意外と理解して見ているな、と自己評価しつつも、やはり不明な点が多い。
評価の高いレビュアーの評を見ると、原作未読の人に十分楽しめるようにはできてないという意見もあるので、仕方がないのかもしれないが。。。

他の評も見てみると、全体にダークになったという意見もありつつ、コメディ要素も強い、ということで、個人的にはどっちつかずな印象。

要するに、ハリーが内面でヴォルテモートとつながっている部分がある、自分の中に悪の一面があり、それをどう乗り越えていくのか?というところが本作の主要テーマであるはずが、その辺の描き方が中途半端でカタルシスがない。
『スターウォーズ・シスの復讐』とよく似たテーマだが、エモさは10分の1くらいだろうか。
少年の内面の葛藤と成長を説得力もって描くには、あまりにいろんな人物や事象がわちゃわちゃしすぎているのかな。

ヴォルテモートとの戦いも進展がなく、緊張感がない。
いつもの仲間のいる学校にゲスト先生が現れて騒動を起こし、最後にはいつもの敵が正体を現し、、、というパターンは、昭和のテレビアニメ1話20分を2時間半かけて見せられている感じでもある。

ハリーがスナイプ先生の内面に入り込み、ハリーの父が実はいじめっ子だった映像が見えてくるシーン、本作では、そこだけが異様に生々しく、宿敵との戦いなんかよりもずっと禍々しく映った。

残念だが、僕はここまでかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ