ここから本文です

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち (2007)

監督
今村隆寛
  • みたいムービー 122
  • みたログ 764

2.82 / 評価:258件

解説

「少年ジャンプ」で連載中の大人気マンガ「ONE PIECE ワンピース」シリーズの劇場アニメ第8弾。原作ファンから圧倒的な支持を得る“"アラバスタ編”がスクリーンでよみがえる。本シリーズのテレビ版で演出を担当していた今村隆寛が、初めて劇場版の監督を務める。アラバスタ王国の王女ビビを守るため、ルフィら仲間たちはクロコダイル率いる悪党たちと死闘を繰り広げる。子どもだけでなく世代を超えたすべての人の響く、熱い友情のドラマと胸躍るアドベンチャーは必見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ゴーリング・メリー号に乗ったルフィら仲間たちは、砂漠の国アラバスタ王国の女王ビビと出会う。彼女の国が崩壊の危機に直面していると知ったルフィたちは、悪の根源であるクロコダイルを倒すべく立ち上がった。そのころ、アラバスタではクロコダイルの陰謀により、国王軍と反乱軍との全面戦争が始まろうとしていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ