ここから本文です

自虐の詩 (2007)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 615
  • みたログ 2,937

3.63 / 評価:1236件

原作ファンです。期待してませんでしたが…

  • oqn***** さん
  • 2020年7月22日 12時48分
  • 閲覧数 1683
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作は8割笑い、2割泣けるコメディ要素がやや強めな感じです。
原作とはまた別物だろうと思って観ました。

「望んだ幸せは既に手の中にある」というのが映画のテーマのようです。コメディ部分はシュール。

見終わった感想ですが不思議な映画ですね。主人公はクズな旦那と底辺な暮らしをしています。そうなった理由と絡めて過去に遡っていく。嬉しかったことや悔しかったことを思い出す。そうすると不思議と今あるものがすごく愛おしく思えてくる。

特に共感する部分はないのに、突如自分の人生が逆再生されて、しかもタイミングの良いとこで良い音楽が入るので不覚にも号泣しました…。主人公の感情が入ってくるような感じです。

ケイゾクもトリックも大好きですがこんな観せ方もできるなんてすごいですね。もっと早く観ておけば良かったと後悔しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ