硫黄島~戦場の郵便配達~
4.4

/ 10

40%
60%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

悲しい16.7%勇敢16.7%泣ける16.7%絶望的16.7%切ない16.7%

  • reg********

    5.0

    これを映画としてレビューすべきか・・・。

    物語映画ではなくドキュメンタリーにかなり近いつくりですね。 クリントイーストウッドの「硫黄島」を見る前に予習しておこうと思って拝見しました。 戦争作品にははずれがないといわれるように、ドキュメンタリー作品に近いとはいえ脇を固める俳優人の演技に鳥肌が立ちました。 戦争によって何が生まれ、何を失ったのか、的な視聴者に投げかけるメッセージのようなものは作品から感じられず、「見た人が感じてください、考えてください」という映画(?)ですね。 しかし、戦争映画は「良い、悪い」ではないですね。 うーん。 日本人なら見てください、的な1本。

  • gar********

    4.0

    「硫黄島からの手紙」よりも

    「本土と激戦地を繋いだ"手紙"」事実に基づき製作されたドキュメンタリードラマ 飲み水も無く食料さへまともに届かない孤立してしまった硫黄島へ、家族からの便りを送り届け、また家族への手紙を託される 戦地へ赴いた兵士達の唯一の楽しみであり、心のより所である手紙 その手紙を命がけで届けようとした木更津航空隊・少尉の根本正良 彼の一途な行動に涙が溢れてしまいました 「硫黄島からの手紙」が話題を呼びましたが、私的にはこちらの作品の方が好きかなw

  • myt********

    4.0

    一式陸上攻撃機

     最初に、お詫びと訂正を。「硫黄島からの手紙」の私のレビュー(2007/8/14)、文中の、一式陸攻云々は、私の記憶違いで、この作品に出てきた一式陸攻のことでした。また、私の後にレビューされたbmw498455さんの指摘されたとおり、冒頭の着任シーンの飛行機は一式陸攻ではありません。たぶん、アメリカ製のパイパーという連絡機ではないかと(また、間違っていたらごめんなさい)。終戦後に撮影された「連山」という試作爆撃機の隣に写っている飛行機ではないかと思います。このような誤った内容のレビューに5人もの方々が、お役立ちに投票?していただき、恐縮しております。それでは、この作品のレビューに入ります。良く出来ているのは、実物そっくりの一式陸攻だけでなく、作品としても佳品と言える内容です。硫黄島の海軍の司令官(お名前は忘れてしまいました。良い方だったそうです)を演じた、藤竜也さんは、人情味のある司令官を演じていて、良かったです。一式陸攻の搭乗員を演じた伊藤淳史さん、この人の「泣き」の演技は最高ですね。「電車男」も良かった!硫黄島守備隊への、たった1機の一式陸攻による航空援護(米軍の激しい対空砲火の写真が残っています)が実施されたことも、この作品を見て初めて知りました。あれほどの激しい対空砲火の中、たった一機で爆撃を敢行し、帰還したとは!驚くべき勇気!この作品は、「硫黄島からの手紙」公開直前にテレビで放送され、クリント・イーストウッド監督も「見させていただきます」みたいなメッセージを寄せていました。テレビ用?のためか、映像的には地味ですが、内容的には決して映画に引けを取らない作品だと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


伊藤淳史根本正良
藤竜也市丸利之助
手塚理美市丸スエ子
勝村政信松本巌
伊崎充則上野重郎
半海一晃村上治重
山根和馬橘光男
高橋努田畑一男
小野賢章山田巌
福井博章佐藤義男

基本情報


タイトル
硫黄島~戦場の郵便配達~

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル