レビュー一覧に戻る
あしたの私のつくり方
2007年4月28日公開

あしたの私のつくり方

972007年4月28日公開

msc********

4.0

エンドロール、成海璃子の圧倒的存在感。

娯楽性は無いが、とても丁寧な映画だった。 シンプルであるが故に、得てして独り善がりに陥りやすいテーマを、より多くの人に伝わるようきちんと纏め上げた脚本が良。 そして何よりも、成海璃子の圧倒的存在感がこの映画を映画たらしめた一番の要因だろう。 物語がシンプルだからこそ、役者の ”演技を超えた見せる力” が必要であり、それに見事に応えた彼女。 ただただ、複雑な感情を内に秘め、それをスクリンに写して見せた成海璃子は美しい。 エンドロール、気持の整理がつき穏やかで晴れやかな表情の彼女を見ていて涙が出そうになった。 イイ女優さんだね。

閲覧数243