2007年3月24日公開

ブラックブック

ZWARTBOEK/BLACK BOOK

PG121442007年3月24日公開
ブラックブック
4.1

/ 757

38%
41%
17%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。若く美しいユダヤ人歌手ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、オランダへ逃げようとするが、何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。復しゅうのために名前をエリスと変えた彼女は、レジスタンスのスパイとしてドイツ将校ムンツェに美ぼうと美声を武器に近づくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(297件)

勇敢13.3%セクシー11.5%悲しい11.0%切ない10.8%絶望的9.2%

  • yok********

    2.0

    演出が古くてダサいから

    この監督の他の作品には感じられない老いを感じた。全体的に演出がダサく、恥ずかしい。特にベットシーンとか。話はそれなりに面白いが展開の先は見え見えだし、エピソードを詰め込み過ぎで戦争の愚かさを描き切れていない。

  • shi********

    4.0

    人間の悍ましさ

    誰が裏切り者かラストまで分からない展開は良かった。 戦時中の指導部の腐敗や将校クラスの権力争いの駆け引きも面白い。戦闘そのものよりももっと醜い戦争の側面が描かれていて、本当に人間の悍ましさが嫌になってしまう。 それを見事に描き出した作品だと思う。 戦争自体、全て金が原因だ。 金がないと生きていけないのは分かるけど、必要以上に求めるのもなんだか…。 あると良いとは思うけど、他人から奪い取ったりとかアカンでしょ? 戦争も自国、もっと言えば、その国の指導者がもっと裕福になりたいから、他国を侵略してるだけだし…。 金が必要なら侵略せずに実力で稼がなアカンでしょ? その為に頭が付いてるんじゃない? 金の為なら何でもしてしまう、そんな悍ましい人間だけにはなりたくないな。 ただの泥棒と同じだし…。

  • db

    5.0

    視聴後にすぐさま最初を確認したくなる

    あまり予備知識無く、視聴したところ、二転三転する展開に最後まで目を離すことができず、時間を忘れるほど没頭してしまった。 この作品を楽しめた方ならば、おそらくは全編視聴後にすぐさま序盤のシーンを見返したくなったのではないだろうか。 たまにこういった素敵作品に出会えるから映画視聴はやめられない。

  • kak********

    5.0

    ナチス・ドイツの敗戦前後を生き抜いた女性

    物語は1956年のイスラエルから始まる。旧知の女性との出会いから過去が甦る。それは波瀾万丈と言った言葉では言い尽くせないほど、数奇な人生体験だった。 その過去とは、第二次世界大戦終了間際のオランダが舞台で、ナチス・ドイツの占領下とは言え、敗戦濃厚の中いかに生きるかが問われる混迷の時期でもあった。 本作品では、誰が一番の悪者なのかと言った人間性が問われる点が最大のテーマとなっている。特に混乱の機に乗じて自分の利益のためだけに生きる人間の醜さを見せつけられると、誰を信用したら良いのか人間不信に陥りそうになる。 主役は、TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で女祭司メリサンドル役で強烈な印象を与えたカリス・ファン・ハウテン。本作品では若く美しいユダヤ人歌手役だが、その生き様は凄まじい。相手役のナチス将校には、「善き人のためのソナタ」で劇作家ドライマンを演じたセバスチャン・コッホ。とかく悪者扱いされるドイツ軍人だが、ここでは一味違う役を好演している。 そして、本作品が最後まで緩みなく怒濤のごとく流れて行くのは、ポール・バーホーベン監督の功績が大きい。何しろ、手掛けた作品は「ロボコップ」、「トータル・リコール」、「氷の微笑」、「スターシップ・トゥルーパーズ」など話題作が多く、期待を裏切らない。 戦時下だからでは済まされない心の闇を見る反面、きれいな心の持ち主は見た目では分かりづらい事を知る事になる。人間ドラマとしても秀作な戦争サスペンス映画はヘビー級で心にズシンと響く作品に仕上がっている。

  • tks********

    4.0

    ストーリー展開が二転三転四転五転

    ちょっと古めかなと侮っていたが、それは全くの見当違いだった。 ここまでストーリー展開が二転三転四転五転。。する映画は他に無いのではないだろうか。長めの上映時間がまったく気にならない。 登場人物の名前を全部覚えきれず、鑑賞後は思わずネタバレサイトで復習し、また今度見直そうと思わずにいられなかった。 誰が味方で誰が敵か、また何が善で何が悪か考えさせられる映画であった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブラックブック

原題
ZWARTBOEK/BLACK BOOK

上映時間

製作国
オランダ/ドイツ/イギリス/ベルギー

製作年度

公開日