ここから本文です

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) (2007)

監督
山本泰一郎
  • みたいムービー 238
  • みたログ 1,525

2.90 / 評価:665件

人生3本目のコナンにして、初の「ハズレ」

ルパン三世vs名探偵コナンでコナンファンになり
最近過去の劇場版をレンタルすることにハマっているわたしですが
3本目にして初めてハズレ籤を引いてしまったかもしれない。

ルパンvsコナン、絶海の探偵、異次元の狙撃手とどれも良作揃いで
コナン面白れ~!とテンションが高まっていましたが
これはちょっとダメで、ショックが大きいです。
一番テンションが上ったのが冒頭という…
ルパン三世のファンとしては、冒頭のルパンネタにニヤニヤしてしまい
その後のカーチェイスも迫力満点だったのですが
結局一番面白いのはそこだったなーという印象です。

海の映像が綺麗で、島の雰囲気も好みだったのですが
いかんせんストーリーにパンチが無さ過ぎではありませんか?
地味で小さな事件を2時間に引き伸ばしたような薄さです。
コナンももはや推理というより捜査しているだけのようですし
物語展開に必然性や方向性が定まっておらず
映画としての体を成していないのが残念でなりません。
なんとなく人が死に、なんとなく捜査して、なんとなく終わりました。
最後にコナンが深いことを言っているようですが、後付けかな?
女海賊が仲間に送るメッセージなんていうテーマ性は物語中には見えてこず
どうにか深く映画を締めくくりたいという思いのスタッフが
無理やりメッセージ性を取り付けたような安易なオチに興ざめです。

冒頭の「ツカミ」が異様に良かっただけに、すごく期待はずれ。
コナン初の「駄作」でした。
ルパン三世もイマイチな作品続きになっていますが、ここまで酷くはないかも。
財宝伝説というキャッチーな題材に惹かれレンタルしましたが
なんとこの作品「コナン史上最低」とファンから評価されているようで
鑑賞後にそれを知るというこのヤッチマッタ感!
しかし映画は先入観にとらわれずに見たいものであり
今後も出来る限りネットの評価は見ないで鑑賞したいとは思っています。

次に鑑賞を予定しているのは「戦慄の楽譜(フルスコア)」
ネットの評価は見ないと言っておきながら
紺碧の棺の評判を確認した時にちらっと見えてしまいました。
点数はそこそこ良いようですので安心してレンタルできそうです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ