ここから本文です

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) (2007)

監督
山本泰一郎
  • みたいムービー 238
  • みたログ 1,522

2.90 / 評価:664件

女海賊伝説のうんちくでつまらん

  • izq******** さん
  • 2021年5月12日 0時41分
  • 閲覧数 224
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

コナン映画第11弾。伝説の女海賊の残した秘宝探しがテーマのようだが、よく知らない女海賊についてのうんちく語りで終わりかなりいまいち。宝探しの謎解きも、コナンが得意げに語るが、よくわからん言葉を並べていて、だからなんだと言った感じ。
殺人事件の犯人も動機が微妙で、犯人捜査自体も誰もしておらず、最後にコナンが言い当てるだけで盛り上がらず。毛利探偵や警察連中も活躍の場無し。

毛利探偵やコナンらは古代遺跡の海底宮殿が有名な神海島に旅行にくる。神海島観光課の岩永城児の案内で、偏屈親父の美馬和男が経営する民宿に泊まることになる。
コナンや少年探偵団は宝探しゲームに参加。暗号を解いて島のチェックポイント5ヶ所を周り宝物を見つけるゲーム。この謎解きゲームがちとつまらん。
蘭と園子はダイビングへ。ダイビングショップオーナーは馬淵千賀、インストラクターは山口喜美子と海へ出るが、ガラの悪いトレジャーハンター三人組の一人がサメに襲われている現場に遭遇。コナンはBCジャケットに魚の血が入った薄いビニールを発見。殺人事件と睨む。
目暮警部や白鳥警部が合流。残りのトレジャーハンターの松本光次と伊豆山太郎が何者かを調べる中、この二人が観光館から女海賊アン・ボニーのカットラスとメアリー・リードのピストルを盗み出す。彼らは国際指名手配犯であった。途中で伊豆山が何者かにライフルで撃たれて怪我をするが二人は逃走。
次の日、ハンター二人はサメを引きつける囮にするため、蘭と園子を捕まえ、宝の在り方に向かう。
コナンは宝探しゲームの謎を解き明かし、頼親島に宝があり、ハンター達もそこに向かっていると踏んで、コナンは美馬の船で荒れた海に出る。宝の地図に書かれた数字がジョリー・ロジャー=海賊旗を表しており、さらに海賊旗に書かれたドクロの歯にドス・ディオサス=二人の女神と書かれていることを見つけ、頼親島にある二人の女神像のあるところが宝の隠し場所への入り口と踏んで、女神像の入り口へ向かう。
一方、蘭と園子はサメから逃れるもハンターらに捕まったまま、地下の海賊船を発見。ハンターらはお宝を探すが何も出てこず。ハンターらは撤収前に蘭と園子を始末しようとするが、そこにコナンが現れハンターを捕まえる。
さらにコナンは後をつけてきた観光課の岩永が、宝探しを手伝わせるため宝探しゲームを観光客にやらせていたこと、ハンターを襲った犯人であることを言い当てる。
ここで地下の壁が崩れ出し海水が流入し、地下のメタンガスも漏れ出てくる。コナンらは海賊船に乗り込み、コナンは鎖を蹴り上げその火花で爆発を起こして、海賊船ごと水上に脱出することに成功。
水上に出た老朽化した海賊船は崩れ、コナンらは救出。よくわからん女海賊のうんちくをたれて終幕。
主題歌は愛内里菜&三枝夕夏の「七つの海を渡る風のように」。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ