ここから本文です

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) (2007)

監督
山本泰一郎
  • みたいムービー 238
  • みたログ 1,523

2.90 / 評価:665件

解説

週刊少年サンデーで連載中の青山剛昌原作の国民的人気シリーズ「名探偵コナン」シリーズの劇場版第11弾。太平洋の海底深く眠る古代遺跡“海底宮殿”を舞台に、海賊が残した遺産に隠された謎と神秘をめぐって、トレジャーハンターとコナンたちが壮絶な闘いを繰り広げる。監督は『名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)』以来、劇場版を担当する山本泰一郎。本格推理劇を基軸に、歴史ミステリーと冒険アクションも盛り込まれた娯楽作に仕上げた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

太平洋に浮かぶ神海島(こうみじま)には、古くから海底に眠る古代遺跡“海底宮殿”と、300年前に実在した2人の女海賊が遺した財宝伝説が語り継がれていた。神海島へバカンスに訪れたコナンたち一行は、財宝探しに集まったトレジャーハンターたちと出会うが、海底宮殿を探索していたハンターがサメの群れに襲われ死んでしまう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ