ここから本文です

主人公は僕だった (2006)

STRANGER THAN FICTION

監督
マーク・フォースター
  • みたいムービー 475
  • みたログ 2,028

3.46 / 評価:558件

理解しがたい駄作

  • 試写室C さん
  • 2019年2月8日 0時48分
  • 閲覧数 601
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

OK,この作家は自分で書いた物語が本当になって、その主人公に訪問されて、俺を殺さないでくれ、と頼まれるわけだ。そんなアホな。じゃあ、その作家は神様か? 違うので、全部アホな、意味のないファンタジーになってしまうだろう?

Sキングのように物語の主人公が本物になって襲って来るんじゃなく、同じ現実世界に自分の書いた主人公がいて、書いたとおりに生まれ生きて生活して死ぬなんてアホな話の結末がどうのなど、愚衆のここでのくだらん言い合いもおかしくてつい読んで笑わせてもらったが、それはどうでもいいことで、とにかくアホが作るとこんなアホなものができて、それでいいということになるのか。くだらん。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ