ここから本文です

ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き (2006)

THE BREAK-UP

監督
ペイトン・リード
  • みたいムービー 30
  • みたログ 349

2.81 / 評価:68件

泣きながら見ました。

  • sen1thousand さん
  • 2010年8月9日 22時15分
  • 閲覧数 798
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1年半の遠距離をし、近々同棲を始める予定の35歳女です。
ただのLoveComedyだと思い気軽に見始めたのですが、全般から涙ぽろぽろでした。

思い当たるところ、当てはまるところ、たぶんどんなカップルでもあるある!そうそう!って思えるやり取りやすれ違いが凝縮されさらに過激に表現された映画だと思います。
まっ映画だから過激ぐらいでよかったです。

感想
彼と一緒に見なくて良かった!
でも彼にも見ておいてほしい。かも、、、
とても良い勉強になりました。

ジェニファーAの演じるキャラクターはどこか私に重なりました。
私も彼の汚れた服だの靴下だの拾い係です。
彼の方はヴィンスVほど口達者じゃないけど、
だからこそ私もジェニファーのように男の人に逃げ場を与えないようなしゃべり方で攻め立てたりしてはいけないなーと。気をつけます。

とかく女は男より感情的(ヒステリック)になりやすい!
そして正論で攻め立てるのが得意(小学校のころから女子ってそうじゃないですか?)
そして男の人は女の人よりむきになりやすい。(だって男の子だもんえらくいたいんだよね?)

とにかくコミュニケーションが重要。
この映画ではオープニングが終わって話が始まったところではもうコミュニケーション不足でかなり悪化してるところから始まっていたように思えます。
たびたびおこる小さな地震が安全なように、ここまで悪化する前にうまく気持ちを伝えて微調整することが大切だなーと思いました。

下記のイメージワードをいくつか選択したけど 一番合う言葉は「考えさせられる」だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ