ここから本文です

HERO (2007)

監督
鈴木雅之
  • みたいムービー 594
  • みたログ 5,292

3.55 / 評価:2469件

結局巨悪

  • kir******** さん
  • 2019年1月11日 10時59分
  • 閲覧数 607
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

二つの見せ場、韓国の物証探しと放火現場の写メ探しのシーンのバランスが気になりました。
韓国パートはイ・ビョンホンありきで、かつ同じ韓国パートでキムタクも負けてませんから!と無理に賞賛するシーンを入れてるので中盤がやたらと長く、クライマックスの写メ探しのシーンが短かすぎる。久利生くんかっこいい、ということだけはドラマ全体のバランスを欠いてまでしつこいくらいにメッセージとして重ねられていてキムタクのPRドラマのようでうんざりしてしまった。
テレビドラマ版は大好きですしキムタクも普通に好きなのですが…
あと巨悪のために検事やってませんドヤを言わんがために、久利生が大切にしてるという小さな事件が結局前座化してるのはかえってださく見えました。久利生の暴走で他の検事にとばっちりがいく(彼が大切だと思っている小さな事件の再配分)テレビ版のような描写もほぼなし。
そもそも華より実を取る久利生の検事像からすると華まで取りに行くのは変化球のお話なので一回限りだからかっこよく見えるんで、これ以上のスケールを創造できないとしても、テレビドラマでやってしまった構成をそのまま繰り返されるのはつまらなく思いました。
タモリ対決はどうにか阿部寛がする流れにして、キムタクは影の立役者として汗した方が筋の通った登場人物としてかっこよかったし映えたと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ