ここから本文です

龍が如く 劇場版 (2007)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 138
  • みたログ 687

2.33 / 評価:352件

解説

大人気のPS2専用ゲーム「龍が如く」を日本が世界に誇る鬼才、三池崇史監督が映画化したブッちぎりのアクションムービー。出所したばかりの男を待ち受ける、極道世界の死闘を大胆に切り取る。伝説の極道をさっそうと演じるのは「大奥」シリーズの北村一輝。その粘着質な宿敵役に『タイヨウのうた』の岸谷五朗がふんし、ド派手なバトルをみせる。警察にヤクザに政治家までを巻き込んで一気に怒とうのラストに持ち込む監督の鮮やかな手腕にうなる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

かつて“堂島の龍”と恐れられた極道の桐生(北村一輝)が、10年の刑期を終えて古巣の神室町に戻って来る。そんな彼の前に犬を連れた母親を探す少女遥(夏緒)が現れ、彼は行きがかり上彼女の母親捜しに付き合うことになる。だが桐生が出所したことを知った兄貴分の真島(岸谷五朗)は、しつこく彼を追い回して対決を挑む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ