レビュー一覧に戻る
フランシスコの2人の息子
2007年3月17日公開

フランシスコの2人の息子

2 FILHOS DE FRANCISCO - A HISTO'RIA DE ZEZE' DI CAMARGO & LUCIANO/TWO SONS OF FRANCISCO

1242007年3月17日公開

HAEMI

5.0

いかれた父さんのすごさ

幸せそうに次々と生まれる子供の名前を誇らしげに告げる母親の姿。 人ごとながら「そんなに子どもたくさん作ってやっていけるの?」と思わず心配してしまいました。案の定、食べ物にも事欠くような日が来てしまい、赤ん坊を抱いて隠れるようにして泣く彼女。その姿に長男は何とかしなくてはと考える。いじましいです。しっかりしてます。お父さんよりしっかりしてる。 おとうさんも、ある意味すごいのよね。 貧乏生活から抜け出すために息子には、何か身につけさせたい。その意気込みが半端じゃない。作物やら家畜やらおやじの形見まで売って、子どもに楽器を買ってやる場面にはあんぐり口あけてしまいました。そこまでしますか?周りの者からあきれられても仕方ないかも。でも、一生懸命で、子ども達を愛してるのは確かだし。 男の子二人の歌声がひびいて素晴らしかった。 最後に、実際の本人達が歌ってる(たぶん)のもよかったけど、やっぱりフランシスコ父さんには参ります。

閲覧数181